パスタが辛すぎたときのオリーブオイルを使った対処法

パスタが辛すぎたときの味方オリーブオイル

パスタを作ったとき、思ったよりも唐辛子が効き過ぎて、困ったことはありませんか?

そんな時、我慢して食べるのでは無くて、オリーブオイルをかければ、辛さが和らぎますよ。

手などに付いた辛くて痛い成分も、オリーブオイルで落とすことが出来ます。詳しくご案内させていただきます。

 

辛すぎるパスタとオリーブオイルの役割

唐辛子は、種類や産地によって辛さの強弱が違います。

日本で売られている鷹の爪に比べて、イタリアの一般的な唐辛子は小ぶりです。

でも、パスタを作るとき、いつも使っている日本の鷹の爪の量と同じくらい入れたら、大変な辛さになります。

イタリアの唐辛子は、こんな感じで1cmくらいなのですが、辛いです。1個で鷹の爪一本分以上の辛さパワーがあるかも知れないです。

私は、日本の鷹の爪に少し酸味を感じることがあります。ですから漬物とかに使えると思うのですが、イタリアの唐辛子で、一般的にパスタに使用するものは、辛さ一本勝負、小粒でも辛いです。

さて、この辛すぎるパスタを出来るだけ食べ易くするためには、オリーブオイルをかけることをお勧めします。

オリーブオイルをかけると、辛さが和らぎます。辛さが丸くなる感じですね。何もかけないときよりも食べ易くなります。
この尖った味を和らげるオリーブオイルの使い方は、塩辛すぎたときにも使えます。

ちょうどさっき、唐辛子を練り込んだスパゲッティを味見したのですが、左の茹でただけのものよりも、右の茹でた後にオリーブオイルをまぶした方が、食べ易かったですよ。

オリーブオイルをかけることに、パスタから辛み成分を取り除く効力は、お料理の場合無いと思うのですが、手などに付いた辛い成分を、オリーブオイルで落とすことは出来ます。

辛さ成分は水で無く、オリーブオイルで洗う

辛み成分の「カプサイシン」は、油で溶ける成分のため、手などに付いた辛み成分は、オリーブオイルを石けんのように使ってから、水で流すと取り除けます。

水だけで取り除くことは出来ないので、手を洗ったからと言って、顔を触ったら痛いのでご注意下さい。

お料理の場合は、油で溶かしても、洗い流すことは出来ないので、辛み成分を減らすことは出来ないと思います。オリーブオイルの役割は、あくまでも「辛さを和らげる」までです。

こちらに以前読んだエピソードがあります。このことをご存じで無く、お子さんを触ってしまったらしいのです。
さぞかし驚かれたと思います。大事に至らなくて良かった。

家が揺れるほど、泣き叫び暴れ始めた10歳の息子 その原因に「知らなかった」「怖い」

「辛いときには、冷たい水を飲む」これが一番効きそうですが、実は逆効果なんです。

辛み成分の「カプサイシン」は、水では溶けませんので、水を飲むと、水に乗って辛み成分が広がってしまいます。

辛さが和らいだように思えるのは、怪我などの時に、冷やされることによって、痛みが和らぐのと同じ理由のようですよ。

辛みって「味覚」では無くて、「痛覚」らしいです。

 

パスタが辛すぎたときに使うオリーブオイル

さて、パスタが辛すぎたときにかけるオリーブオイルですが、できれば美味しいオリーブオイルを使っていただきたいです。

でも、緊急事態だったら、そんなことは言ってられないかも知れないですね。すみません。

オリーブオイルで、本当に美味しいもは、失敗したお料理も美味しくしてしまいます。
ものすごく強力な、キッチンの味方!

献立に困ったとき、食材切ってオリーブオイル。根菜塩揉みにしてオリーブオイル。塩茹でしてオリーブオイル。

上の写真は、キュウリとハムを切って、オリーブオイルをかけただけなのですが、ほんと美味しいです。

喜ばれる手抜き料理。毎日の献立考えるの大変ですものね。私も夕食を作ることが、よくあるのですが、冷蔵庫に材料が無い場合とか困るじゃ無いですか?そんな時によくやります。

私のオリーブオイルと納豆の良さは、ビックリしていただけると思います。

ぜひ、私のオリーブオイルをご覧になってみて下さい。

2007年から輸入して販売しているのですが、未だに有名になれず、でも、リピーターさんと口コミのお客様に支えていただいております。

北イタリアの山の中の200年続く有機栽培農園から大事に運んでお届けしています。

今日現在(2020年9月23日)で累計2万本ほどお買い上げいただいています。
一番下に商品へのリンクを貼らせていただきました。

まとめ パスタが辛すぎた時に役立つオリーブオイル

辛すぎたパスタは、オリーブオイルをかければ、辛さが和らぎます。辛さの感じ方が、少しゆっくりになるような感じです。

手などに付いた場合は、オリーブオイルを石けんのように使ってから洗い流すと、辛み成分を取り除くことができます。

辛み成分の「カプサイシン」油で溶けます。でも、水では溶けませんので、水で洗っただけでは辛み成分が落ちません。