オリーブオイル漬けの美味しい食べ方

オリーブオイル漬けを美味しく
こんにちは、

 

ヒナタノという
お店を営んでいます。
加藤と申します。

 

自分で探した
オリーブオイルなど
イタリアの美味しいもの
お届けしています。

 

イタリアには
色んなものが
オリーブオイル漬けで
売られています。

 

瓶詰めなどが
とても多いです。

 

日本で油漬けと言えば
ツナ缶くらいですよね。

 

それに
ツナ缶の油は
最初に捨てて
しまうことが
多くないですか?

 

イタリアの瓶詰めで
オリーブオイル漬けは
漬けてある
オリーブオイルを

 

捨てないでください。

 

漬かっている
オリーブオイルには
色々な役割があります。

 

もともと
オリーブオイル漬けは
保存食です。

 

オリーブオイルで
空気から遮断することで
酸化や劣化を防ぎます。

 

昔の話ですが
ワインの酸化防止にも
オリーブオイル
使っていました。

 

大きな容器に入っている
ワインの上から
オリーブオイルを
注ぎます。

 

オリーブオイルは
ワインより比重が
軽いので

 

ワインの上に
オリーブオイルの層が
できます。

 

こうしてワインを
空気の酸化から
守ります。

 

ワインを取り出すときは
容器の下についている
注ぎ口であったり

 

オリーブオイルの層から
管を刺して
ワインだけを
取り出したそうです。

 

ですので
瓶に入っている
オリーブオイル漬けは

 

中身を使っているうちに
オリーブオイルが
少なくなったら
足してください。

 

足さないと
瓶詰めの中身が
傷んでしまいます。

 

美味しいオリーブオイル漬け
ジェノベーゼペースト
などは
劣化して黒くなるし
最悪カビちゃいます。

 

それに
漬かっている
オリーブオイルに

 

漬けてある食材の
旨みが出ている
こともあります。

 

ドライトマトだったり
種抜きのオリーブ

 

それらは、
オリーブオイルに
色々な旨みが
染み出ていますので

 

お料理の仕上げに
使えます。
美味しいオリーブオイル漬け

 

ですから
オリーブオイル漬けの
瓶詰めも

 

本当は
オリーブオイルのように
温度などから
守ってあげないと
美味しくなくなってしまいます。

 

ずっと高温に
置かれていた
オリーブオイル漬けの
オリーブオイルは

 

やっぱり油っぽくて
美味しくないです。

 

でも
日本で瓶詰めは
保存食。

 

一般的な流通品は
温度管理されてないと
思います。

 

写真のアンチョビ
エキストラバージン
オリーブオイルと
一緒に空輸しています。

 

全然油っぽく無いですよ。

 

写真をクリックいただくと
商品ご覧頂けます。
美味しいアンチョビ

 

一緒に運んでいる
エキストラバージン
オリーブオイルも

 

ご覧頂けると嬉しいです。
一番下に商品への
バナー貼らせていただきました。

 

13年で18000本ほど
ご購入いただいている
エキストラバージン
オリーブオイルです。

 

北イタリア山奥の
200年続く
オーガニック農園から
お届けしています。

 

hinatanoリピート

#, #