クッキーにオリーブオイルは使える?

オリーブオイル
こんにちは、

 

イタリアの美味しいもの
探してお届けしています。
ヒナタノというお店の
加藤と申します。

 

焼き菓子類にバター
日本では常識ですよね。

 

でも、
バターをオリーブオイルに
置き換えても
美味しいですよ。

 

もともと、
南イタリアでは
バターを使用しません。

 

有名なティラミスの
主な材料の
マスカルポーネ

 

南の方に行くと
スーパーマーケットにも
売ってませんでした。

 

今から20年くらい前
イタリアを車で
巡っていた頃の
話ですけど。

 

探しに訪れた
食料品屋さんで

 

「そんな変なもの
売ってない」と
言われたことが
あります。

 

こんな感じですから
南イタリアの
カルボナーラには

 

クリームが入ってません。
生クリーム無しカルボナーラの作り方

 

どれくらいの量を
使えばいいか

 

これは、
量ではなくて
生地としてまとまるか

 

これが一番大事に
なってくると思います。

 

レシピを見ながら
重量測りながら
作るときは
不便でしょうが

 

私がイタリアで
コックの先輩から
よく言われていたのは

 

「日本人は
レシピにこだわりすぎ」
「感覚を大事にしなさい」

 

あともう一つ
言われたのは

 

「練るときは
ボールの中では
良い練りができない」

 

バターを
オリーブオイル
替えてみて

 

上手く
まとまらないなら
台の上で
練ってみるのも
良いと思います。

 

とは言えども
クッキーの味が
変になってしまう

 

こんなご心配が
お有りなら

 

いいエキストラバージン
オリーブオイルを

 

ぜひ、お使い下さい。

 

オリーブオイルには
色々な味があります。

 

その味は
オリーブオイルの
産地周辺の食べ物に
由来しています。

 

獣肉を食べるような
山奥の
オリーブオイルなら
辛味苦味が強くなります。

 

私がオススメしたいのは
魚介類向けの
オリーブオイル

 

生魚のカルパッチョ
こう言うお料理に
使いますから

 

変な味はしませんし
濃すぎず
薄すぎず

 

絶妙なバランスの
オリーブオイルが
多いです。

 

ただ、
こういうオリーブオイル
日本では珍しいです。

 

デリケートなので
味が変わりやすいのです。

 

ですから
私は、
飛行機で運んで
定温庫で管理しています。

 

飲んでも
「美味しい!」
こういうオリーブオイル
お探しでしたら

 

ぜひ、一度
私の品を
ご覧下さい。

 

 

ここから下は
オリーブオイルについて
色々ご案内
させていただきます。

 

何かのお役に
立てれば嬉しいです。

 

 

 

 

 

オリーブオイルの品質や鮮度について
鮮度が良くて、飲んでも美味しいオリーブオイルとは、どんなものかを書きました。
「飲んでも良いオリーブオイルと駄目なオリーブオイル」

 

オリーブオイルヒナタノ

#