季節の野菜、カリフラワーのパスタ

パンチェッタとカリフラワーのパスタ

 
イタリアのベーコン、パンチェッタを使って簡単に仕上げました。
以前、お客様と話していたら

「パンチェッタは、塩辛いだけで美味しくない」
と伺ったことがあります。
普通のベーコンと違って、パンチェッタは、一手間かけます。
それをすると、うま味たっぷりの美味しい一皿になります。
この方法もご紹介いたします。

調理時間

10分

材料(2人前)

  1. パスタ

    160g

    パンチェッタからしっかり旨みを出しますので、
    スパゲッティーなら、1.6mm〜1.9mmくらい。
    ペンネやフジッリなどショートパスタでも美味しくいただけます。

    使用したフェリチェッティの「有機栽培セモリナ粉のスパゲッティ」は、1.7mmです。

    il Biancoで販売中

  2. パスタ

  3. パンチェッタ(生ベーコン/塩漬けした豚バラ肉)


    だいたい15gくらい 
    短冊切りにしてから、大きめの千切りに。
    だいたい5mmくらいの厚さです。
  4. カリフラワー

    200g

    小さめに切っておきます。
    2cmくらいに切って、そのうち1/3位を更に細かくします。
    細かいのは、良く溶けて美味しいソースになります。
  5. オリーブオイル

    少々

    パンチェッタを加熱して、中の旨みを出す際のスターターとして使います。
  6. 白ワイン

    30ccくらい

つくりかた

  1. パスタを茹でます。

    パスタは、美味しい塩味を付けることが大事です。
    1%以上の塩で茹でてください。
    今回は、1,2%くらいだと思います。
    そして、塩はぜひ粗塩をお使いください。
    1kg500円程度のものでも十分美味しく出来ます。
  2. パンチェッタのソースを作ります。

    フライパンにスライスしたパンチェッタを入れて、
    オリーブオイルを注いで弱火で加熱します。
    焦げないように、ゆっくりゆっくり加熱します。
    脂身のところが溶け出して、キツネ色になるまで加熱します。
    キツネ色になったところで、強火にして、
    白ワインを一気に注いで煮詰めます。
    フライパンがジュワーッっと言ったら成功。
    パンチェッタのうま味が出てきます。
    パスタに絡みそうなところまで軽く煮詰めます。
    この時、パンチェッタの色を見てください。
    キツネ色だったのが、白っぽく(色が薄く)なっているはずです。
    パンチェッタの旨みが出てきた証拠です。
    旨みが出てこないと、
    ただの塩辛くて硬いお肉のかけらのままですので、
    前出のお客様が感じられたような味になってしまうのです。
  3. 茹でているパスタにカリフラワーを加えます。

    茹で上がり3分前くらいが目安です。
    カリフラワーのゆで時間は、お好みで。
  4. 茹で上がったら、フライパンへ

    私は、ツルツル、シコシコの歯ごたえが好きなので、
    フライパンの火は付けないで仕上げます。
    軽く混ぜ合わせて、仕上げのエクストラバージンを加えてできあがり。
    肉っぽく、がっつり仕上げたかったので、
    トスカーナのエクストラバージンオリーブオイルを使いました。

    il Biancoで販売中
    この閉じ込めた旨みを出す方法は、ニンニクやドライトマトでも使えます。
    白ワインが手元に無い時は、パスタの茹で汁でも結構です。
    その場合、茹で汁の塩加減を控えめ(1.2%→1%くらい)にしてください。

カリフラワーは、今が旬
ぜひお試し下さい。
il Bianco 加藤

今回のレシピで紹介した商品

#, #, #, #