高級なオリーブオイルの味について

サラッとしていて美味しいオリーブオイル

高級なオリーブオイルの味は、どのようなもの?

高級なエキストラバージンオリーブオイル(以下オリーブオイル)だからおいしい味がするだろうと思って買ってみたら
期待したほどでは無かった。こんな経験をお持ちですか?

実は、それはとてもありがちな事です。理由をご案内します。

 

 


 

オリーブオイルの味と高級さの関係

高級なオリーブオイルには味も期待したいところです。
高級なオリーブオイルは、どのような理由で高級になるかを以前ご案内いたしました。

おおなかな理由は、生産コストと受賞歴などの評価です。

こちらもどうぞ:高級なオリーブオイルとは、どのようなものかご案内します

 

この受賞歴の部分に、高級オリーブオイルの味を期待したいところですが、実はあまり参考にはなりません。
なぜならオリーブオイルの味の評価は、オリーブオイルの種類ごとに分類されてからの相対評価。だからです。

例えば、品評会に多数集まってくるオリーブオイルを、マイルド・ミディアム・ストロングと3つに分類して、マイルドな味のオリーブオイルの中では1番良い、2番目とかで評価されます。

もっと詳しく分類される場合は、オリーブの品種ごとでの評価になります。
「レッチーノ種の中で1番」や「タジャスカ種の中では極めて優れた銘品」と味の評価をされ受賞しても分かりにくいと思います。なぜならレッチーノ種とタジャスカ種では、味が全然違うからです。

一言でオリーブオイルと言っても、味の種類は非常に多くて、幅広く奥が深いです。

  

完熟した収穫期のタジャスカ種のオリーブ

 


 

オリーブオイルコンテストで複数出る最高賞

このような事情ですから、絶対的な1番味の良いオリーブオイルを決める事はなかなかできません。

お店で高級オリーブオイルを探して、受賞歴があるからと勧められたら、どのような味かを確認されることをお勧めします。
辛味苦味が強いストロングタイプがお好きな方には、タジャスカ種のマイルドでフルーティーなオリーブオイルの味は、あまり魅力を感じないと思います。

 


 

高級で好みの味のオリーブオイルでも、大事なのは管理と鮮度

高級で味の種類も好みなオリーブオイルでも、やはり大事なのは管理と鮮度だと思います。
オリーブオイルは、オリーブの実の生搾りジュース、管理や輸送方法が悪いと傷んで味が変わってしまいます。

 

オリーブオイルが劣化する条件と内容をご案内した記事です。ご参考になれば幸いです。

オリーブオイルが熱によって劣化する 遊離脂肪酸編
オリーブオイルが熱によって劣化する ピロフェオフィチンa編
光がオリーブオイルを酸化、劣化させる理由

美味しいオリーブオイル

個人的に思うのですが、受賞歴が無くても高級でなくても、長年地元の人に愛されているオリーブオイルで鮮度が良ければ、味はかなりおいしい。

品評会とは自薦です。自らオリーブオイルを持ち込んで味の評価をしてもらいます。
イタリアのオリーブオイル職人の中には、そのような世界に興味を持たない、頑なな職人さんもたくさんいます。

 


 

まとめ 高級なオリーブオイルの味について

高級なオリーブオイルの味は、受賞歴があって好みの味とは限らないと思います。
なぜならオリーブオイルの味は、辛味苦味が強いストロングタイプからマイルドでフルーティーなオリーブオイルまで幅広く、品評会で評価される際には、それぞれのカテゴリーごとに評価されるからです。

個人的には、長年地元の人に愛されて鮮度の良いオリーブオイルなら、かなりおいしいと思います。

#, #