野菜とオリーブオイルを美味しく 基本的で簡単なものをご紹介します

イタリアのカリフラワー

野菜とオリーブオイル。基本的な考え方

 

「野菜とオリーブオイルの基本」大変おこがましい題名で申し訳ありません。
でも、内容がシンプルで色々使い回しできるので、このようにさせていただきました。

イタリアの女性も多忙です。
毎日の食卓は、お店で食べるような野菜料理では無くて、シンプルにオリーブオイルと野菜をあわせています。
簡単に再現できるようにご案内させていただきます。

中心にあるのは、鮮度の良いエキストラバージンオリーブオイル(以下オリーブオイル)です。

 


 

野菜とオリーブオイル。サラダのあれこれ

まず野菜サラダとオリーブオイル
オリーブオイルで野菜サラダ。
まず思い起こすのは、ドレッシングの作り方でしょうか。

でも実は、イタリアの一般家庭にはドレッシングというものはありません。
野菜、オリーブオイル、塩、お好みでビネガーやレモン。あるいはバルサミコ。これだけです。

野菜とオリーブオイルだけで味があるの?と思われるかも知れませんが、オリーブオイルはオリーブの実の生搾りジュースですので、野菜から出てきたエキスとオリーブオイル、塩で十分美味しくなってしまいます。

日によって味を変える場合は、野菜の組み合わせを変えます。

イタリアに住んでいた頃のサラダです。トマト、豆、葉物野菜にパプリカ、この後は、ツナかモッツァレラチーズ。

イタリアに住んでいた頃のサラダです。トマト、豆、葉物野菜にパプリカ、この後は、ツナかモッツァレラチーズ。

詳しい手順は、以前の記事に記させていただきました。
オリーブオイルは野菜との相性が抜群。ドレッシングの作り方を説明します。

 

次に焼き野菜とオリーブオイルです。

オーブンなどがあれば、オリーブオイルを野菜に塗して焼いたり、ハーブを使用したりできますが、
そこまで手をかけなくても美味しくできます。

ポイントは、野菜を乾燥させてオリーブオイルを吸わせる。
オリーブオイルが、野菜の水分と入れ替わるから美味しくなる。こういう考え方になるみたいです。

ナスのグリルをオリーブオイルで

これを簡単に行うのは、野菜をフライパンで空焼きして水分を飛ばしてからオリーブオイルを吸わせる。です。
弱火で時間をかけて焦げないように行います。弱火ですので、ほかの料理を作りながらできます。

焼き野菜には、ナス、ズッキーニなど、水分を抜くとシワシワになりそうな野菜がオリーブオイルを吸うと美味しく作りやすいです。パプリカも美味しいのですが、”外側の皮を黒焦げにして一皮剥く”という手間がありますし、煙も出るのでお家ご飯としては、大変だと思います。

詳しい手順は、以前の記事に記させていただきました。
オリーブオイルを使ったイタリア風焼き茄子の作り方のご案内

 

もうひとつ、温野菜とオリーブオイル

これもオリーブオイルだけで美味しくできます。イモ類、インゲン、ブロッコリー、カリフラワーなどを茹でてオリーブオイルを回すだけ。ジェノベーゼペーストがお手元にあれば、オリーブオイルで伸ばして使ってみてください。

この温野菜には、ちょっとしたコツがあります。
それは茹でる時の塩加減、パスタを茹でる時と同じ塩分濃度(1%以上)でやってみてください。
薄塩で茹でて、後から塩を振るより美味しくできます。

茹で野菜と和の食材、オリーブオイルとの面白いレシピとしては、キャベツを2、3分ほど茹でて、オリーブオイルとポン酢。
これは和の食卓にもあいます。詳しい作り方の記事は、、、これからです。申し訳ありません。

 


 

野菜をサラダでいただくのは、オリーブオイルを先にに使うのがおすすめです。

野菜サラダを作るときですが、先にオリーブオイルを塗しておくと野菜のシャキシャキ感が長持ちします。
ちょうどオリーブオイルでコーティングして塩から守るようなものですね。

オリーブオイルと冷製パスタ

いろいろご案内していますが、これは私がイタリアでコックをしているときに賄いで出していたものです。
一応、好評でした。イタリア人のほかにドイツ人や東欧の人も勤めていた店なのですが、彼らは気に入らないと目の前でゴミ箱に捨てました(苦笑)でも、ご紹介しているのは美味しかったみたいです。

 


 

野菜とオリーブオイル。パスタを加えれば一食になります。

茹で野菜にパスタとオリーブオイル。これで一食になります。
正しくは、パスタを茹でている鍋に野菜を加えて茹でて、最後にオリーブオイル。
野菜は茹でて美味しい野菜。カリフラワー、ブロッコリー、ホウレン草、なんでもOKでした。

キャベツのパスタ

でも、仕上げはエキストラバージンオリーブオイル。鮮度が良くて美味しいものを。
結局オリーブオイルが美味しければ、かなりシンプルでもお料理が美味しくなります。

 


 

まとめ 野菜とオリーブオイルの基本

野菜とオリーブオイル、オリーブオイルさえ鮮度が良くて美味しければ、かなり簡単な調理で美味しくいただけます。

ポイントは、
1.サラダにするときにはオリーブオイルを先に野菜に塗してから塩を振ると、野菜の食感が長持ちします。
2.焼き野菜は、フライパンで野菜を弱火で空焼きし、時間をかけて野菜から水分を抜いてからオリーブオイルを吸わせる
3.温野菜は、野菜を茹でる塩加減は、パスタを茹でる時と同じ1%以上の塩加減で。茹で上がったらオリーブオイル。
パスタを茹でている途中に野菜を加えれば、それだけで一品になります。

 

オリーブオイルが飲めるくらい新鮮で美味しいのが一番大事です。

ちなみに、こちらが私の品です。ご一読いただけますと幸いです。味と鮮度には自信がございます!

#, #