オリーブオイルは空輸が美味しい理由をご説明します。

鮮度の良い良質なエキストラバージンオリーブオイルはサラサラ

オリーブオイルの美味しさは、空輸と船便(温度管理したコンテナ)で差が出る?

輸送方法によって食品の味に差が出るのをご存じですか?

揺られると劣化するワインと違い、オリーブオイルの場合は、温度管理された船便のコンテナ(リーファーコンテナ)と航空便では、一見品質に大差ないように思えます。
でも、実は、飛行機で運んだ方が美味しい、エキストラバージンオリーブオイル特有の理由があります。

 


 

美味しいオリーブオイルには空輸が一番

エキストラバージンオリーブオイルは農産物であり生鮮食品です。鮮度が良いと美味しいです。

日本へ運ぶ際に船便のリーファーコンテナを使用すると、コンテナ内は概ね15℃です。
飛行機で運んでも貨物室は同じような温度帯。

では、何が違うかと言いますと”時間”です。
「そんな分かりきったこと。」と思われないでください。もう少し理由があります。

マイルドで美味しいオリーブオイル

エキストラバージンオリーブオイルは、10℃から15℃で保管するとほぼ搾りたての状態と言われますが
hinatanoで取り扱うオリーブオイルはデリケートなタイプですので理想的な温度は10℃前後です。

出典:The Effect of Storage Conditions on Extra Virgin Olive Oil Quality 助成および実施機関:オーストラリア地方産業調査開発公社とオーストラリア・オリーブ協会

出典:The Effect of Storage Conditions on Extra Virgin Olive Oil Quality
助成および実施機関:オーストラリア地方産業調査開発公社とオーストラリア・オリーブ協会

 

ですから、工房で瓶詰めしたあと少しずつ変化していきます。
美味しく召し上がっていただくためには、どれだけ早くお客様にお届けするかが大事になります。
船だと日本まで45日、飛行機なら11時間。つまり鮮度のために時間節約。飛行機が一番良いと言うことです。

ブルーナの有機栽培オリーブオイル

 


 

オリーブオイルの美味しさは鮮度が大事

エキストラバージンオリーブオイルは、オリーブの実の生搾りジュース。鮮度が良ければ良いほど美味しいです。
お野菜をイメージして下さい。新鮮採れたてと、冷蔵庫で保管したものは、やはり違いますよね。

私は野菜ジュースのように飲めるオリーブオイルをお届けしたくて2007年からこの輸入方法を取っています。

 


 

美味しい空輸のオリーブオイル。鮮度が良いから長持ちする

鮮度が良いので長持ちもします。これもお野菜と一緒。
エキストラバージンオリーブオイルは、瓶詰めしてからだんだん変化していくわけですから、船で運ぶより40日以上早く届く航空便は、単純計算で同じ日数分美味しさが長持ちする計算になります。

航空便は輸送料がもの凄く高いのですが、通関や輸送を自社でやってコスト削減していますので、巷にある船便の同等品と同じ程度の価格です。何度も利用していただいているお客様からは、安いと言っていただいております。
宣伝です。すみません。

 


 

オリーブオイルは空輸が美味しい理由のまとめ

1.エキストラバージンオリーブオイルは農産物であり生鮮食品。工房から届く時間が短い方が美味しい

 

美味しくて新鮮、安心安全な200年続く有機栽培農園から最短距離でお届け

hinatano 加藤 昭広

 

hinatano

#