エキストラバージンオリーブオイルの変な臭いと香りについてご説明します

オリーブオイルの臭いや香りについて

エキストラバージンオリーブオイルを買って、栓を開けてみたら、変な臭いや香りを感じたことはありますか?少し味見してみたら、なんだか味も変。

こういうオリーブオイルが、問題がある品か判別する方法をご紹介します。

独特な香りや臭いがする場合のオリーブオイルとは

エキストラバージンオリーブオイルで、時折美味しく無い香りや臭い、クセを感じることがあります。酸化臭とも違う不思議な臭い。これは2通りの原因が考えられます。

1.搾油所から届くまでの時間が短く、搾油所で感じるオリーブ搾りかす特有の香りや臭いがする。あるいは、オリーブの品種が独特のクセがある品種で、まだオイルが若くて香りと臭い。味が未だ暴れている。

2.搾油前のオリーブの実の品質管理が劣悪で、カビや腐敗から起因する臭い。

上の2に関連する臭いがするオリーブオイルをテイスティングしたことがあります。とあるセミナーで、イタリアのオリーブオイル鑑定士の方と行ったのですが、彼はかなり辛そうでした(苦笑)

 

テイスティングしたオリーブオイルは、ある量産品。

オリーブオイルの生産者には、色々な業態がありますが、大きく2つに分けると

a.オリーブの実の生産から搾油まで、自分たちが関わるオリーブオイル生産者
b.オリーブの実や、どこかで搾られたオリーブオイルを問屋からオイルを買って、瓶詰めする生産者

この後者(a.)の業態は、安価なオリーブオイルを作ることが多いのですが、その微妙な風味のオリーブオイルは、後者のオリーブオイルで、品質管理に問題があったと思いました。

品質管理が悪いオリーブオイルとは、例えば、搾油関連の機械の掃除がちゃんとされていない、あるいは、コスト削減のために、搾油作業の頻度を減らすので、収穫してから時間が経って、カビが生えかけているオリーブの実が混じってしまう事などがあります。

搾油前の臭いだと思った理由なのですが、オリーブオイルは腐らないからです。腐るためには水分が必要で、オリーブオイルに水分は入っていません。

ですので、腐食などから起こる臭いがするのは、搾油前のオリーブの実の状態だったか、搾油機に残っていたオリーブの実が傷んでいたことをが考えられます。

 

オリーブオイルにも、無味無臭のピュアオリーブオイルというのがあります。何かの本で、オリーブオイルの臭いや香りが苦手な方は、「香りが無いのでピュアオリーブオイルが使いやすい」と見た記憶があります。

確かにピュアオリーブオイルは、無味無臭ですので、香りが苦手な方は使いやすいかも知れませんが、ピュアオリーブオイルは、体にいい成分のポリフェノールが無かったり、製造過程で加熱されていたりして、エキストラバージンオリーブオイルの良いところが、かなり無くなっています。

オリーブオイルの種類については、下の記事でご案内しております。

オリーブオイルの種類と名前を簡単にご説明します

オリーブオイルの搾油所の臭いは、慣れないと臭いかも(笑)

オリーブオイルの搾油場は、独特な臭いがします。

オリーブペーストの香りはご存じですか。あの臭いを数十倍強くしたような感じです。臭いの元はオリーブの搾りかす。あの臭いはオリーブオイルが好きな方でもビックリすると思います。

この臭いや香りは、箱などに付いていても2週間もすれば消えるので、搾りかすの臭いを体験したことがある方は少ないと思いますが、私は輸入に飛行機を使用しているので、最短で搾油場から4,5日で届きます。箱を空けると、しっかり搾油場の臭いがするときがあります(笑)

オリーブオイルの香り、劣悪品か自然な香りか見分ける方法

この搾油場の臭いだけで無く、慣れない臭いでも無害の臭いは、自然に無くなっていきます。

エキストラバージンオリーブオイルで、辛かったり苦かったりするものはあるものの、変な味や香りがするものは、少なくともイタリア産にはありません。

ですので、変な臭いや味がするオリーブオイルは、栓をしたまま1,2週間置いておいてみて下さい。自然由来の臭いなら無くなるか少なくなります。

でも、搾る前のオリーブのカビからくる腐敗臭なら、残念ながらそのまま同じ臭いがするはずです。

カビ臭や腐敗臭がしてしまっているオリーブオイルはどうするか?

私だったら破棄してしまうと思います。残念ですけど。オイルに臭いが移っているだけで、健康に害が無いかも知れませんが、あまり気持ちの良いものではないですからね。

変な香りや臭いがするオリーブオイルを避ける方法

オリーブオイルは、本来、美味しい香りと味がして、変な香りや臭いはしません。

でも、時折、風味に疑問を感じるオリーブオイルに出会ってしまうこともあります。

そういうオリーブオイルを避けるには、できるだけ作り手の顔や、産地などがはっきり分かるような、トレーサビリティーとポータビリティーがしっかりしたオリーブオイルでしたら避けられると思います。

誰が作って、どう運ばれてきてが、ちゃんと分かるオリーブオイルです。

よろしければ、その作り手と運ばれ方がはっきりしているオリーブオイルをご覧いただけませんか?

一番下のバナーに商品ページへのリンクを貼らせていただきました。

北イタリアの山の中で、200年続く有機栽培農園から、空輸で運んで温度管理してお送りしています。

エキストラバージンオリーブオイルの変な臭いや香りについてのまとめ

1.あまり嗅いだこと無いオリーブオイルの臭いや香りで、酸化臭と違う臭いがする場合の理由は、この二通りが理由として考えられます。
a.搾油場やオリーブの品種独特の臭いがする自然由来。
b.搾油前のオリーブの管理が悪くて腐敗やカビ由来。

2.自然由来の臭いの場合、時間経過と共にだんだん落ち着いてきます。カビ腐敗由来の場合は、時間が経過しても変わらないので、馴染みの無い臭いがしたと思ったら、栓をして1,2週間様子をみてみると、どちらかが分かります。

3.カビや腐敗由来の臭いがする場合、残念ですけど私は食べないと思います。

4.変な臭いや香りのするオリーブオイルを避けるには、作り手のことなど、トレーサビリティーとポータビリティーがはっきりしているオリーブオイルを探されることを、お勧めいたします

おいしいオリーブオイルって、本当に楽しくなりますよね。

#, #