簡単パスタレシピ、有機栽培スペルト小麦のスパゲッティをアンチョビとキャベツで

Farro con acciuge e cavolo-1_edited-2

スペルト小麦。

あまり馴染みのないこの小麦は、現在使われているパン用小麦の

古代種だそうです。美味しいパスタにするのには、非常に難しいそうで、

フェリチェッティ社は260種類の中から、最適なものを選んだそうです。

そのくだりはこちらから →「フェリチェッティ社訪問記

 

訪問したときに、探した際の逸話を細かく聞いたのですが、

いや、ほんとうに大変だったらしいです。

その甲斐あってか、確かに歯ごたえと味わいは格別です。

 

この小麦のスパゲッティは、特別な料理法は必要ありません。

今日は、このパスタを使用した簡単なレシピをご紹介します。

 

(材料2人前)

有機栽培スペルト小麦のスパゲッティ 160g

にんにく 大きいものを1/2かけ

オリーブオイル おおさじ1

唐辛子 小さいものひとつ

アンチョビ(フィレ)のEXVオリーブオイル漬け 2,3枚

キャベツ 3,4枚

イタリアンパセリのみじん切り 少々

 

(つくりかた)

1. パスタを、たっぷりのお湯で茹で始めます。

2. ニンニクは包丁でつぶしてからスライス、唐辛子はほぐしてから

   フライパンに入れます。オリーブオイルを注いでから弱火で火をつけます

3. キャベツは、手で一口大にちぎっておきます。

4. ニンニクが色づいてきたら、アンチョビを加え、弱火でほぐします。

   ほぐれたら、火を止めます。

5. パスタが茹で上がる、3,4分前に、茹でている鍋にキャベツを加えます。

   (写真のは、4分前に加えました)

6. パスタが茹で上がったら、フライパンに加え、オリーブオイル(定量外)を

   一回ししてから、混ぜ合わせてパセリのみじん切りを加えて出来上がり

 

とても簡単なレシピです。

気をつけていただきたいのは、パスタ料理の基本2点だけ。

 

1. パスタは茹で始め2,3分くらいのところで、一生懸命かき混ぜて

   その後はさわらないこと。茹ではじめの2,3分が、デンプン質が

   出だして、くっつきやすく、注意したいのですが、その後触りすぎると

   パスタにうまく、塩分がのってくれません

 

2. プライパンの中でパスタを混ぜるときには、火をつけない。

   最初にオリーブオイルを回すのは、つるつるシコシコ感を出すためです。

   そのあと、具材と混ぜ合わせるのですが、火をつけてはいけません。

   火をつけると、更に軟らかくなり、アルデンテでは、なくなってしまいます。

 

「2」に関しては、短めにゆであげて、フライパンの中で、ちょうど良い

アルデンテにするという方法もあります。その場合、具材のうま味がパスタに

よくしみ込むのですが、一方、パスタ表面のつるつる加減が、無くなります。

私は食感を大事にしたいので、火を止めています。

 

と、こんな感じです。いつもながら簡単なレシピです。

いずれにしろ、フェリチェッティ社のスペルト小麦のパスタは、

ぜひお試しいただきたい一品です。

 

さて、クリスマス料理。

まだ、レシピで悩んでおります。

「鳥の丸焼き」では、普通すぎるような気もしますし。

 

でも、きっとキーワードは「大皿料理」でしょうか。

次回は、このあたりの一品をご紹介するようにします。

 

il Bianco 加藤

#, #, #