ひと味違うプッタネスカ(娼婦風パスタ)

プッタネスカ

このプッタネスカは、ひと味違います。(手前味噌ですが)
トマト、アンチョビ、ケッパー、オリーブの絶妙なコンビネーション
だけど、いたって簡単。
簡単だから工夫の余地が、なかなかないのですが
良い素材を使い、火の入れ方ひとつで、別物になります。

材料 4人前


  1. にんにく

    大粒の物を1/2かけ
  2. 唐辛子

    小さいもの一つ
  3. オリーブオイル

    大さじ1
  4. ホールトマト

    400gのもの一缶
  5. パスタ

    320g
    ※リングイネか1.9mmくらいのスパゲッティ、またはショートパスタがお勧めです。
  6. アンチョビ(フィレ)のEXVオリーブオイル漬け

    大きいものだったら4枚
  7. (パンテレリア産)ケッパー酢漬け

    大さじ1から2
  8. オリーブのEXVオリーブオイル漬け

    大さじ1から2

パーティーで使うと誰もがその味に驚く、イタリア直輸入素材(空輸)



bu-2-1-500


アンチョビ(フィレ)のEXVオリーブオイル漬け

鮮度の良い、生のアンチョビのフィレをエクストラ・バージン・オリーブオイルで漬け込みました。 アンチョビの旨みがギュッと詰まっていて、海産物のレシピが豊富なブルーナ家ならではの逸品です。 一般のアンチョビに比べて浅漬けで、いわし本来のソフトな食感が活きています。



12061028_56638f226e552


タジャスカ・オリーブのEXVオリーブオイル漬け(種抜き)

北イタリア・インペリア県は、タジャスカ・オリーブの名産地です。フラントイオ・ヴェンチュリーノ社のオイル漬けは、インペリア県の中でも温暖な気候に恵まれた、ディアネーゼ谷の産する、旨味が濃いとされる一流オリーブを使用し、エクストラ・バージン・オリーブオイルで丁寧に漬けた、風味豊かな逸品です。


つくりかた


  1. にんにくと唐辛子を弱火で炒め、アンチョビを加える

    ニンニクはつぶしてからスライスします。
    唐辛子をほぐしたものをフライパンに入れ
    弱火で火をつけます。
    ニンニクが色づいたら、アンチョビを加えます。
  2. アンチョビをほぐす

    アンチョビをほぐします。
    火が強過ぎて、熱が高すぎると、アンチョビが弾けるのでご注意を。
    この後、通常はケッパーとオリーブを加え炒めるのですが、
    今回の使用食材に関しては、後回しにします。
  3. トマト缶を入れる

    アンチョビが細かくほぐれたところで、トマト缶を入れます。
    トマト缶ですが、時間があるときは、
    ボールなどに移して、手でつぶしながら芯と皮を取り除きます。
    このひと手間で、出来上がりが微妙に変わります。
  4. 煮詰めて、ケッパーとオリーブの実を入れる

    さて、ここからが通常の手順とちょっと違います。
    トマトは、強火で一気に水分を飛ばして煮詰めます。
    煮詰まるまで、あと2,3分のところ、
    見た目の判断では、ぷくぷく出ている水泡の直径が1cmを切ったくらいの
    タイミングで、ケッパーを入れます。
    続けてオリーブを漬け込んである、オリーブオイルも一緒に入れて、
    1,2分火を入れたら出来上がりです。

ケッパーは、火を入れすぎると小さくなるのですが、
このくらいでしたら大丈夫。
また、ケッパーから美味しい塩分が出てくるので、
ソースに塩は加えません。
オリーブのEXVオリーブオイル漬けも、
ケッパーと同じで、熱を加えすぎると
ふにゃふにゃになってしますのですが、
この程度の加熱時間でしたら大丈夫。
プリプリ感がしっかり残ります。
また、加熱が短いと、漬け込んであるハーブも
香りますので、香草類は加えません。
夏場でしたらフレッシュバジルがあるので良いですけど、
今の時期は手に入りにくいし、香りも悪いですからね。
漬け込んであるオリーブオイルは
香りとうま味出しにもってこいです。
ところで、私が住んでいるときに話題になったのですが、
イタリアでは、トマトの消費量の何割かを輸入に頼っているそうです。
(※確か2割前後だったと思います。)
ご存じの方もいらっしゃると思いますが、
「原産国」とは、「最終加工国」のことですので、
トマトを買ってきてイタリアの工場でトマト缶にすれば、
イタリア産になります。
このルールは他の食材も同じです。
8年前には見かけなかった、
やけに安い缶詰がいくつかあったので
気になってはいたのですが、納得しました。
しかし、それで良いのかな??と思っていた次第です。
みなさんはどう思われますか。
column_ilbianco_blog
il Bianco 加藤

il Biancoについて


なぜ、本物の有機栽培オリーブオイルを作るのは難しいのか?


bu-1-1-500


200年の歴史 有機栽培 エクストラ・バージン・オリーブオイル BIOLOGICA

北イタリア・インペリア県は、タジャスカ・オリーブの名産地です。
EUにて有機栽培の認証を受けている、ブルーナ家の農園のエクストラ・バージン・オリーブオイルは、
急勾配のオリーブ畑を手作業で耕し、丹精込めて作られたやさしく芳醇な味わいです。
¥3,100


#, #, #