オリーブオイルは開封後いつまで食べられるかご案内します

オリーブオイルは開封後いつまで大丈夫?

開封後だいぶ時間が経っちゃったエキストラバージンオリーブオイル(以下は、オリーブオイルと省略させていただきます)は、いつまで食べられるのかな?

あるいは、オリーブオイルを買う時、大きいサイズの方がお得だけど、開封してから、どの位で使い切れば良いのかな?

こんな疑問にお答えさせていただきます。

開封後のオリーブオイルで注意したいこと

オリーブオイルには、賞味期限が設定されています。

でも、その賞味期限内でも開封したら、どの位の期間で食べなければならないかは、オリーブオイルのコンディションによって変わってきますので、一概に何ヶ月以内とは申し上げられませんが、食べられるかを判別する方法はございます。

ただ、この判別に関しては、日頃からオリーブオイルに触れていないと、分からない部分もございますので、あくまでもご参考とさせてください

開封後のオリーブオイルのチェック手順

オリーブオイル関連の質問コーナーでは、開封後1,2ヶ月で食べきりましょうと書かれています。確かに、その範囲で食べ切れれば、一番良いと思います。

でも私は、仕事柄サンプルや味見のために、開封後半年くらい経ったオリーブオイルもチェックしてから食べています。

開封後のオリーブオイルの品質で注意したいのは、
・オリーブオイルの酸化
・遊離脂肪酸などが増えてしまっている

大きくこの2点です。

酸化については、酸化臭がするので分かり易いと思います。

酸化臭とは、どんなものかなのですが、例えば、コンロ周りに残っている油汚れなどに付いている、刺激が強い臭いです。

オリーブオイルの栓を開けて、刺激が強い酸化臭がすることがありますが、開封後のオリーブオイルの場合は、栓の周辺に付いたオリーブオイルだけが、酸化している場合があります。

酸化臭がした場合、キャップや注ぎ口をペーパータオルなどで拭き取ってみて下さい。それで酸化臭がしなくなることもあります。

次に、遊離脂肪酸ですが、この遊離脂肪酸は、味で感じることができます。

その味を文章にすると、”油っぽい味”になります。

元々、エキストラバージンオリーブオイルは、オリーブの実を搾っただけの果汁のようなものですので、油っぽい味はしません。

ちょっとだけ舐めてみて、油の味がしたら、エキストラバージンオリーブオイルとしてサラダなどに使うのは、止められた方が良いと思います。

未開封でも劣化する透明なボトルのオリーブオイル

実は、エキストラバージンオリーブオイルは、酸素からの酸化に強い食物油です。

そのエキストラバージンオリーブオイルが、最も苦手にしているのが光です。

エキストラバージンオリーブオイルは、キレイで美味しそうな色をしていますよね。あの色の基は、葉緑素と呼ばれるものなのですが、葉緑素は光に当たると酸化物を出すんです。

光合成と言うのですが、理科の授業で「樹木は、二酸化炭素を吸収して、光にあたると酸素を出す」と習ったのを覚えてらっしゃいますか、あの仕組みです。

この光合成には、酸素が必要無いので、未開封でも透明なボトルに入っているエキストラバージンオリーブオイルは、酸化していることがあるんです。

下の記事に詳しくご案内しております。よろしければ、ご参考になさってください。

光がオリーブオイルを酸化、劣化させる理由

開封後食べられそうにないオリーブオイルは?

先ほどご紹介した手順でチェックしてみて、オリーブオイルから酸化臭がしていたら、残念ですが廃棄です。酸化した油って、ほんと体に悪いらしいのです。

微妙なのは、油っぽい味の場合ですよね。

私だったら、サラダや、パスタの仕上げなど、生使いには使いません。炒め物に使用します。

エキストラバージンオリーブオイルは、劣化していなければ、飲んでも良いくらいなのですが、多少でも品質に疑問を感じたら、他の食物油のように使った方が良いと思います。

飲めるクオリティのオリーブオイルとは、どんなものかを下の記事でご紹介しています。少し長いですが、よろしければ、ご参考になさってください。

ただ、酸化臭しているものは、駄目ですよ。残念ですが、廃棄なさって下さい。

飲んでも良いオリーブオイルと駄目なオリーブオイル

まとめ 開封後オリーブオイルは、いつまで食べられる?

開封後のオリーブオイルは、保管状況など、コンディションによって食べられる期間が変わってきます。

酸化臭しているものは、まず、キャップ周辺を拭き取ってみて下さい。酸化臭が無くなることがあります。

油っぽい味がしているものは、遊離脂肪酸という物質が増えている可能性があるので、サラダやパスタの仕上げなど、生使いにはおすすめできません。

ご参考になれば幸いです。