美味しいオーガニックオリーブオイルの条件

20191205
こんにちは、

 

オリーブオイルとか
イタリアの美味しいもの
探してお届けしています

 

ヒナタノというお店の
加藤と申します。

 

イタリアで数カ所
有機栽培オリーブ農園を
訪問したことがあります。

 

そして、思うのは
オーガニックの
オリーブオイルで
美味しいのを選ぶのは

 

難しいだろうな
ということです。

 

イタリアでも
オーガニック商品は
人気があって

 

オーガニックの
オリーブルオイルを
作っている生産者が
結構います。

 

ただ、
味などの品質は
オーガニック生産の為に
妥協してしまっている
生産者もいました。

 

オーガニック栽培ですから
殺虫剤使えません。

 

さりとて
オリーブに付く害虫は
手作業で追い払うことは
できません。

 

ですから、
多少の虫食いには
目をつぶるしか
無いのですが

 

害虫も美味しい
オリーブの実から
食べていきますので

 

当然、味も落ちてしまいます。

 

美味しいオリーブ
でも、
害虫が発生しない
自然の条件が整った
オリーブ農園なら

 

害虫そのものが
とても少ないので
美味しいオーガニック
オリーブオイルを作れます

 

オリーブの実に付く
害虫、
オリーブミバエと
言うのですが

 

気温が15度を
下回ると生存できません。

 

つまり
オリーブの実が熟して
美味しくなった頃すぐに
15度を下回る畑

 

それが
美味しいオーガニック
エキストラバージン
オリーブオイルが
作れる畑の条件です。

 

その気温になるのは
標高が高い畑

 

日本でも標高が
高いほど早く
寒くなりますよね。

 

そして、
その標高が高い畑が
ある山は、

 

温暖な地域にあること

 

ずっと寒いばかりでは
美味しいオリーブの実が
できません。

 

温暖な地域にある
山の上の方の畑

 

この条件を満たしている
畑は、とても少ないです。

 

特に標高

 

オリーブの実は
収穫してから
すぐに搾らなければ
なりません。

 

収穫してから
麓の搾油所まで
オリーブを運ぶのは
大変です。

 

ですから、
わざわざ山の上に
畑は作りません。

 

オリーブの実の
栽培標高限度は
海抜600メートル
なのですが、

 

その標高付近の
オリーブ農園は、
オリーブオイルの名産地
イタリアの
トスカーナ州では
確か、1,2カ所しか
ありませんでした。
有機栽培オリーブオイル農園

 

イタリアは平坦な
地形が多いです。

 

ですから、
このhinatanoで
取り扱っている
オリーブオイルの農園
とても珍しいです。

 

北イタリアのリグーリア州

 

西に100kmも行けば
ニースやモナコがある
温暖な州です。

 

あと、この州は
平地が少ない。

 

平地が少ないものだから
酪農は出来ないし
農業も非効率
標高が高いオリーブオイル農園

 

それで、始めたのが
オリーブ栽培

 

海からすぐに
山が始まるので
ちょうど日本の
みかんの段々畑みたいに
オリーブ農園が
連なっています。
オーガニックオリーブオイル農園

 

それでも、
高い標高で
オリーブ栽培を
営んでいる人珍しいです。

 

高い標高の
オリーブオイル

 

この下に
商品へのバナー貼らせて
いただきました。

 

ご覧頂けると嬉しいです。

 

 

 

hinatanoリピート

#, #