オリーブオイルの代用になるものとならないもの

搾りたてオリーブオイル
こんにちは、

 

オリーブオイルとか
イタリアの美味しいもの
探してお届けする
ヒナタノというお店の
加藤と申します。

 

オリーブオイルの代用
出来るものと
出来ないものがあります。

 

ピュアオリーブオイルと
呼ばれる、加工精製品の
オリーブオイルなら
代用品あります。

 

グレープシードオイルや
菜種油など
植物由来の
食物油で代用できます。
オリーブオイル

 

ただ、
エキストラバージン
オリーブオイルは
それらの食物油で
代用できません。

 

なぜなら
エキストラバージン
オリーブオイルは
とても珍しい
作り方をしているからです。

 

その作り方のために
他の食物油で味わえない
美味しさになります。

 

イタリアの人たちで
エキストラバージン
オリーブオイルを
自分の体調のために
飲む人もいますが、

 

ただ、美味しいからと
飲む人もいるくらいです。

 

それくらい
オリーブ産地の
エキストラバージン
オリーブオイルは
美味しい。

 

作り方の違いは
搾り方と温度です。

 

エキストラバージン
オリーブオイルは
オリーブの実を搾るだけ

 

オリーブの実の果汁です。
搾りたてオリーブオイル

 

他の食物油のように
精製したり
原材料と水分を
分離するために
加熱したりしません。

 

オリーブの実を収穫したら、
できるだけ早く搾ります。

 

搾るときも
温度が上がらないように
ゆっくり、ゆっくり
搾ります。

 

温度が上がると
油っぽくなっちゃうのです。

 

ですから
エキストラバージン
オリーブオイルは
フレッシュな味がします。
搾りたてオリーブオイル

 

本物の
エキストラバージン
オリーブオイルなら

 

飲んでも
サラッとしていて
口の中に残りません。

 

私も時折、飲食店で
パスタを食べた後

 

口の中に
油っぽさを感じる
ことがあるのですが

 

きっと
劣化してしまった
エキストラバージン
オリーブオイルを
使っていると思います。

 

ちゃんとした
エキストラバージン
オリーブオイルなら

 

調理時間くらいの
短時間で

 

油っぽく感じる成分
遊離脂肪酸は増えないと

 

エキストラバージン
オリーブオイルの
生産者に教えて貰いました。

 

元々は
サラッとしていて
美味しい
エキストラバージン
オリーブオイルが

 

なんで、
ただの食物油のような
味になってしまうかですが

 

産地から、
お手元へ届くまでに
温度が上がっちゃうのが
一番の理由だと思います。

 

一般に流通している
エキストラバージン
オリーブオイル

 

ほとんどの場合
食物油売り場で
売られていますよね。

 

保管なども
温度管理を必要としない
食物油と一緒に
扱われます。

 

通販でもそうです。
真夏でも常温で
送られてくると

 

味が変わってしまいます。

 

産地からお手元まで
温度管理した
エキストラバージン
オリーブオイルを
お届けしています。

 

どんなオリーブオイルか
ご覧頂けると嬉しいです。

 

一番下に商品への
バナーを貼らせて
いただきました。

 

 

 

オリーブオイルヒナタノ

#