オリーブオイルのエクストラバージンとは、どう違うか

オリーブオイル
こんにちは、

 

イタリアの美味しいもの
探してお届けする
ヒナタノというお店の
加藤と申します。

 

オリーブオイルの種類
たくさんあって
分かりにくいですよね。

 

簡単にご案内
させていただきます。

 

オリーブオイルは
大きく分けて

 

・絞っただけのもの
・人工的な加工品

 

この2種類に分かれます。

 

まず、人工的な方から

 

全てのオリーブオイルは
オリーブを搾ることから
作ります。

 

人工的に加工された
ピュアオリーブオイルは

 

オリーブの
実を搾ったものと
実を搾ったあとの
オリーブの搾りかすに
薬剤を使って
さらに搾ったもの

 

これらを使用します。

 

この搾りかすから
搾ったものまで
使うからは

 

オリーブオイル生産者の
考え方で分かれる
みたいです。

 

これらが混ざった
オリーブオイル

 

そのままでは
食用に向いてないので

 

人工的に精製します。

 

蒸気で不純物を
取り除いて
酸度を下げたりします。

 

そのため
ピュアオリーブオイルは
酸度0%のものも
あります。

 

酸度だけ見れば
優秀な食物油に思える
ピュアオリーブオイル
ですが
このように作られます。

 

このほか
人工的に手が加わった
オリーブオイルには
ポマースとかランバンテ
そう呼ばれるものも
ありますが、

 

油っぽいので
生食にはオススメ
できません。

 

一方、
エキストラバージン
オリーブオイル

 

品物によっては
エクストラバージン
オリーブオイルと
書かれています。

 

この
エキストラとエクストラ
違いは、
英語かイタリア語かの
違いだけで
同じものになります。

 

このエキストラ
バージンオリーブオイル

 

オリーブの実を
搾っただけです。

 

言い換えれば
オリーブの果汁

 

このエキストラバージン
オリーブオイルで
あるためには
一定の基準があります。

 

酸度が0.8%以下であること

 

この基準を満たすには

 

オリーブの実が
熟しすぎては駄目です。

 

ちゃんと
美味しい時期に
収穫する必要があります。

 

それに、収穫したら
すぐに搾らなければ
なりません。

 

オリーブの実は
収穫したら
どんどん酸化します。

 

結構大変です。

 

この基準を満たさないと
エキストラバージン
オリーブオイルとして
販売できないので

 

先ほどご案内した
人工的なオリーブオイルの
原材料になります。

 

エキストラバージン
オリーブオイルも
たくさん銘柄があります。

 

エキストラバージン
オリーブオイルの
選び方は、
かなり難しいと思います

 

ネットで検索しても
みんな自分のが
美味しいと
書いてありますしね笑

 

オリーブオイルの選び方
記事にまとめて
あります。

 

よろしければ
ご覧になって
みて下さい。

 

美味しいオリーブオイルの選び方 美味しくて安全で飲めるのは

 

いずれにしても
オリーブオイルは

 

何を買うかよりも

 

どこから買うか?

 

信頼できる入手先
見つけるのが
大事だと思います。

 

見分けるのに
難しい食品ですからね

 

ぜひ、
私のオリーブオイルも
ご覧になってみて下さい。

 

飲んでも美味しいくらい
クセの無い
エキストラバージン
オリーブオイルです。

 

北イタリアから
空輸して輸入しています。

 

 

 

hinatanoリピート

#, #