イタリアのパニーノと日本のサンドウィッチの違いは何?のお話しです

イタリアのパニーノとサンドウィッチとは何が違う?

本当はパニーノと呼ばれるイタリアのサンドウィッチ。違った名前が通用してしまうくらいですか、本物のパニーノは、日本には少ないです。

イタリアで「パニーニ」と注文したら、2個出てきます(笑)イタリア語では、「パニーノが二つ以上」の言い方なんです。1個がパニーノ、2個以上がパニーニ

さて、そのパニーノとサンドウィッチの違いは、考え方にあります。

サンドウィッチと考え方が違うイタリアのパニーノ

パニーノというと、ホットサンドのイメージが強いと思いますが、ホットサンドはごく一部です。焼く場合もあるし、焼かないこともある。

イタリアのパニーノは、「具材を食べる、具材が主役」「その具材を食べるためにパンがある」一言で表すなら、こうなると思います。

日本のサンドウィッチは、パンにも拘りますよね。全体の美味しさを考えていると思います。

でも、パニーノにおけるパンは脇役です。パンだけ食べたら、あまり美味しくない(笑)具材が多いときは、内側の白い部分をくり抜いてしまうくらいです。

上の写真のパニーノは、空港で食べたので、だいぶ洗練されてサンドイッチ化していますが、伝統的なパニーノは下の写真です。

ただ、パニーノのレシピ、レパートリーは、もの凄く多いです。

生ハム、加熱したハム、サラミ、チーズ。それらの美味しいものが、イタリアには”きら星”のごとく沢山あります。

産地ごとに味や製法に違いがあるし、パンも地方ごとに違うので、その数たるや半端ではありません。

ここに一冊の本があります。パニーノのレシピが100個ほど載っています。
※この場合は、複数(100種類)ですので、パニーニと表題に書かれています。

形もレシピも色とりどり、見ているだけで楽しくなります。


イタリアのパニーノは具材指名して注文する

イタリアでも、町中のBAR(バールと読みます。カフェのことです)飲食店では、決まったパニーノのレシピで売られています。変わっても日替わりくらいです。

実は、もう一カ所パニーノを食べられる場所があります。町中の食料品店。売っているサラミなどを、その場でパニーノにしてくれます。

それに、食料品では、ショーケースの中で売られている食材も挟んでくれます。

モッツァレラチーズ、ナスやパプリカのオリーブオイル漬け、ほうれん草を茹でたもの、などなど、好きなようにオーダーメイドできます。

下は、昔の写真になってしまいますが、今でも、こんな感じで生ハムを売っているお店には、必ずチーズも売られています。あれこれ組み合わせ変えたりすると楽しいですよ。

イタリアのパニーノを美味しくするオリーブオイル

パニーノは、パンですから、オリーブオイルは染みてしまうので、出番は無いと思われそうですが、実は裏技で使います。

例えば、生ハム。生ハムは、高価なものほどシットリ。安価なものほど硬いです。

硬い生ハムでも、エキストラバージンオリーブオイルをちょっとかけると、シットリするんです。それに、美味しくなる。ちょとした裏技です。

ほかには、トリュフの風味付け。トリュフそのままを挟んだら、高価になってしまうので、トリュフ風味のオリーブオイルを軽くひと回し。

こんな感じで、やはりオリーブオイルは、イタリアの食卓に欠かせないみたいです。

まとめ イタリアのサンドウィッチ、パニーノと日本のサンドウィッチとの違い

イタリアのパニーノと日本のサンドウィッチの違いは、パニーノは具材を食べるのが目的で、パンは具材を食べるためのもの。日本のサンドウィッチは、パンの美味しさを求めるし、全体のバランスの美味しさを求めています。

パニーノを美味しくする裏技にエキストラバージンオリーブオイルを使われることがあります。硬い生ハムも、エキストラバージンオリーブオイルをかければ、シットリ美味しくなりますよ。

ヒナタノ店主・加藤 昭広

おいしいもので喜んでいただくことが大好きです。おいしいものを探してイタリアへ移住。気がついたら仕事になっていました。
自他ともに認めるオリーブオイル ヲタクです。
このブログでは、おいしい話しやイタリアの職人さんたちから聞いた小ネタを紹介しています。