オリーブオイルを消費できるレシピや使い方をご紹介します

簡単なオリーブオイルの消費レシピ

エキストラバージンオリーブオイル(以下オリーブオイルと省略させていただきます)消費しなければならないと言っても、炒め物や揚げ物では勿体ない。

でも、レシピ検索してみたら、手の込んだ洋食のレシピが出てきて、もっと簡単なオリーブオイルの使い方が無いか探されている方に、ご案内させていただきます。

オリーブオイルの消費はレシピ以外にも

オリーブオイルにも色々種類がありますよね。

あとからご紹介させていただきますが、オリーブオイルのタイプによっては、シラスご飯にかけても美味しいものがあります。

でも、一般的に売られている多くのオリーブオイルは、独特な味があって、使い方が限られているような気がしませんか?

そうなると、サラダのドレッシングのベースにしたり、パスタなどになってしまいますが、他にもっと簡単な方法として、例えば納豆があります。

納豆自体、鰹や昆布の出汁で作ると、それなりに濃い味になりますよね。

その濃いめの味は、オリーブオイルの独特な風味を丸めてくれます。それに納豆は、納豆ご飯の他にも、釜玉納豆うどんなど使い方の幅が広いです。

レシピ不要なオリーブオイルの消費方法

他にもユニークな使い方として、動物性の油と置き換える方法があります。

例えば、豚バラ肉などを焼いたときに、たくさん脂が出てきますよね。あれをペーパータオルで吸い取ってしまって、換わりにオリーブオイルを継ぎ足してあげます。

そうすると、お料理が軽くなるし、体に摂り入れる動物性の脂質を抑えることもできます。単純に炒め物に使うのとは違って、かなり有意義ですし、使い道も広くなります。

焼きそば、回鍋肉、などなど、豚バラ肉で作った方が美味しいレシピって、たくさんありますよね。

ほかにも、ラーメンなどに付いている調味脂を控えて、換わりにオリーブオイルを入れるのもお勧めです。えーっと思われるかも知れませんが、美味しいですよ。

動物性の脂質が気になることが多いのでしたら、ぜひ、このオリーブオイルと動物性脂肪の入れ換えをお試しなってみて下さい。

辛かったり苦かったりして、消費しにくいオリーブオイルの使い方

さて、オリーブオイルにはたくさん味があるとご案内しました。

中には、辛かったり苦かったりして、納豆の味すらも壊してしまう強い味のオリーブオイルがあります。そういうオリーブオイルだったら、ラーメンに使うのも厳しいかも知れないです。

そのようなオリーブオイルをどうすれば良いか、悩まれたことがございませんか?

オリーブオイルの辛味や苦みは、オリーブオイルに含まれるポリフェノールから出てくるのですが、ポリフェノールは、時間が経つと減っていくので、待っていればオリーブオイルの辛味苦味は減っていきます。

詳しくご案内した記事がございます。よろしければ、ご参考になさってみて下さい。

オリーブオイルが苦すぎる場合の対処法

 

レシピを考えなくても消費できるオリーブオイル

シラスご飯や、炊いただけの玄米ご飯にかけるだけで、美味しいオリーブオイルの種類があります。

そういうオリーブオイルだったら、消費には困りませんよね。

今の私は、食べてはいけない危険な美味しさのレシピ、温かいご飯にバターと醤油。召し上がったことはお有りですか?

辛味苦味が少なくて、マイルドで、更に鮮度の良いオリーブオイルなら、あの醤油バターご飯よりも美味しいくらいです。

えー!、ご飯に油??と思われるかも知れませんが、エキストラバージンオリーブオイルで、魚介向けなら、とっても美味しいのです。なんて言っても、白身魚のカルパッチョが、ものすごく美味しくなるオリーブオイルですから。

上の写真、投稿用に大げさにかけているように見えてしまいますが、勢いよくかけ過ぎて、多かったのは確かです苦笑

でも、すっごく美味しくいただきました。底に溜まったオリーブオイルで2杯目もいただきました。

イタリアの人で沿岸地域の人達が食べている、飲めるくらいサラッと、あっさりしてて、でも、しっかり美味しい味のするオリーブオイル

実は、日本には少ないです。温度からの管理とか気をつけなければならないので、一般には流通させにくいんです。

でも、ご家庭のでの保管は、夏場でも流しの下くらいの温度で十分なのですけどね。それくらい、オリーブオイルは物流時に温度が上がることがあるんです。ですから心配で、通販か直接お納め出来るお店にしかお送りしておりません。

もし、よろしければ、どんなオリーブオイルかご覧いただけると嬉しいです。下の写真に商品ページへのリンク貼らせていただきました。

北イタリアの山の中で、200年前から有機栽培を続けている農園から、ミラノ経由で空輸しています。

大量販売できないので、まだまだ無名ですが、2007年からリピーターのお客様と、その方々のご紹介で、お届け総数が、もうすぐ2万本になります。

まとめ オリーブオイルを消費できるレシピと使い方

オリーブオイルの使い方で、それなりの量が消費できて、美味しい食べ方として、動物性の脂質との入れ換えがあります。

豚バラ肉など、焼いている最中に出てきた脂を、ペーパータオルなどで吸い取って、替わりにオリーブオイルを入れます。

普通に炒め物に使うより、動物性の脂質を抑えつつ、オリーブオイルの良い成分を摂れますので、良い方法だと思います。

それに、もし、オリーブオイル自体が美味しければ、ぜひ、シラスご飯オリーブオイルをお試しになってみて下さい。ほんと美味しいですよ!