簡単おうちごはん、タコの溺れ煮を美味しくする方法

タコの溺れ煮を美味しくする方法
ブログをご覧いただき
ありがとうございます。

 

イタリアで
美味しいものを探して
お届けする
ヒナタノという
お店の加藤と申します。

 

イタリアの人たちが
日常的に食べている
お料理はとても簡単。

 

レシピも簡単すぎて
本に出来ないくらい。

 

でも、
ちょっとだけ
コツをつかむと
更に美味しくなります。

 

そのコツのうち
本日はタコのトマト煮

 

タコの溺れ煮
これについて
ご案内します。

 

タコの溺れ煮の
レシピは

 

ネットや雑誌に
沢山でていますが

 

きっと私のは
一番簡単(苦笑)

 

材料
タコ、ニンニク、
イタリアンパセリ
唐辛子(無くてもOK)
トマトの水煮缶

 

これだけです。

 

手順は、
1.タコを一口大に切る
2.ニンニクを潰す
3.お鍋にニンニクと
(使う場合は唐辛子も)
入れてオリーブオイル
を注ぎます。

 

4.弱火で火を付けて
ニンニクが多少
色付いたところで
タコを入れて
軽く炒める

 

5.トマトの水煮缶と
イタリアンパセリを
加えて

 

蓋をして
(重めの蓋がお勧め)
コトコト煮るだけ
タコの溺れ煮を美味しく

 

上の写真は
トマトの水煮缶を
入れた直後です。

 

ここから
美味しく煮詰めて
あげます。

 

これを
更に美味しくする
コツなのですが

 

1.軟らかくする

 

これはひたすら
煮れば軟らかく
なります。

 

私はいつも
30分くらい煮ます。

 

2.味を濃く深くする

 

これはトマトの水気の
飛ばし方で
全然変わります。
グッと煮詰めれば
味が濃くなります。

 

もしも
軟らかくなる前に
煮詰まってしまったら

 

水を足して煮詰めます。

 

一番最後に
塩で味を調えるのですが

 

もし、
塩漬けのケッパーが
あったら、
塩抜きせずに
入れてください。

 

ケッパーの中から
美味しい塩味が
出てきます。

 

さて、出来上がった
タコの溺れ煮ですが、

 

タコは
適度な歯ごたえ

 

軟らかすぎず
硬すぎず

 

煮詰めたトマトは
魚介の旨みと
イタリアンパセリの
爽やかさ

 

さらに
オリーブオイルの
コク

 

めちゃめちゃ
美味しいですよ。

 

いつも完食して
もらえます。

 

食べ方は
そのまま食べたり
スライスした
パンにのせたり

 

残ったトマトソースは
パスタソースにしたり

 

色んな食べ方で
美味しいです。

 

是非お試しください!!

 

 

 

 

 

この下は
オリーブオイルについて
色々ご案内して
おります。

 

何かの
お役に立てれば
嬉しいです。

 

 

 

 

オリーブオイルについて、とっても詳しいお医者さんが書いた記事です。
「結局、オリーブオイルが最強の油である理由」
上の記事を書いた方が、オリーブオイルが血糖値によい影響を与えることを書いた記事です。
「オリーブオイルはやせる――糖質と一緒にとるだけで血糖値を抑えられる」

 

オリーブオイルの品質や鮮度について
鮮度が良くて、飲んでも美味しいオリーブオイルとは、どんなものかを書きました。
「飲んでも良いオリーブオイルと駄目なオリーブオイル」

 

オリーブオイルの健康効果について、成分ごとに詳しくご案内した記事です。
健康に良いオリーブオイルの成分ごとに整理した健康への効果

 

#