そうめんにあうオリーブオイルとは、どのようなものか


こんにちは、

 

ヒナタノという
お店を営んでいます。
加藤と申します。

 

オリーブオイルやパスタ
イタリアの美味しいもの
自分で探して
お届けしています。

 

本日は、
オリーブオイルと
素麺との相性について
ご案内させて
いただきます。

 

オリーブオイルと素麺
探せば色々な
レシピが出てきます。

 

トマトを加えたり
オクラを加えたり

 

ただ、
オリーブオイルの
種類によっては

 

そうめんにあわない
オリーブオイルが
あることは、

 

あまり紹介されてません。

 

私はオリーブオイルの
輸入を行っています。
仕入れ先を探しに
色々な農園に行くのですが

 

オリーブオイルには
色々な味があります。

 

日本のお味噌みたいに
産地によって
実に様々な味があります。

 

なかには、どう見ても
そうめんの味を
壊してしまいそうな

 

味の強い
オリーブオイルも
あります。

 

使うオリーブオイルの
種類を選ぶのが

 

そうめんを美味しく
オリーブオイルで
いただくコツです。

 

オリーブオイルの味は
産地地域の食文化に
由来します。

 

山の中で
猪のお肉などを
グリルして食べる
食文化を持っている

 

そういう地域の
オリーブオイルは
やっぱり

 

辛味苦味が強いです。

 

オリーブオイルの味が
臭み消しも兼ねています。

 

一方、新鮮な魚介類を
食べる食文化を
持っている地域の
オリーブオイルは
とてもマイルドです。

 

白身魚のカルパッチョ
お刺身みたいな
ものですが

 

塩、レモン、オリーブオイル
このシンプルな味付けで
美味しくいただけます。

 

日本の感覚では
塩とレモンだけの方が
美味しいのでは

 

そう思えますが

 

魚介向けの
オリーブオイルなら
かけた方が
美味しくなります。

 

油っぽさなど
全く無く

 

お魚の味が
深く濃くなります。

 

例えるなら
脂ののった
新鮮なブリのお刺身
こんな味になります。

 

ですから、
そうめんのような
あっさりした味の
お料理にかけても
美味しくいただけます。

 

そうめん以外にも
お野菜とも良い相性

 


塩揉みしただけの
キュウリやカブ

 

それにかけるだけで
美味しい小鉢になります。

 

おナスの漬物も
美味しくなります。
味に深みが出て

 

でも、ぜんぜん
油っぽくない

 

お野菜以外にも

納豆ご飯
シラスご飯
卵がけご飯

水切りした木綿豆腐に
生姜の醤油漬けと
そのオリーブオイル

 

ものすごく美味しいです。

 

魚介類向けの
オリーブオイルの
見分け方ですが

 

一番簡単なのは
金色や銀色の
包装紙で包まれていること

 

このラッピング方法は
リグーリア州という
北イタリアの西側

 

フランスに接している
この州でしか
行われていません。

 

金色で包装された
オリーブオイル
食品売り場で
ご覧になられた
こともあるかと思います。

 

ただ、注意したいのは
このタイプのオリーブオイル

 

味が変わりやすいのです。

 

ご家庭ので保管は
真夏でも常温で
問題無いのですが

 

オリーブオイルは
もっともっと高温な
状態で運ばれることが
多いです。

 

ですので
私は、飛行機で輸入したり
定温庫で管理したり

 

直接納品できる
お店のみに
卸させていただいています。

 


北イタリアの山の中
200年続く
有機栽培農園の
エキストラバージン
オリーブオイル

 

どんなものか
ご覧頂けると嬉しいです。

 

この下に商品への
バナーを貼らせて
いただきました。

 

農園のことや
作り手のこと
詳しくご案内しています。

 

#, #, #