オリーブオイルとうどんのオススメレシピ

2020-02-25 17.18
こんにちは、

 

ヒナタノという
イタリアの美味しいもの
探してお届けするお店の
加藤と申します。

 

オリーブオイルと
うどんの相性
組み合わせによって
絶品の美味しさです。

 

やってみて
味が今ひとつだったなら
一番の理由は
組み合わせだと思います

 

もともとイタリアには
茹でたパスタに
エキストラバージン
オリーブオイルだけを
かけて食べる

 

パスタビアンカと
呼ばれるものがあります。

 

うどんとパスタ
厳密に言えば
小麦粉の種類が
違いますし

 

パスタは製造過程で
塩を加えていませんが

 

茹でるときに塩味を
しっかりつけるので

 

概ね同じような
味の組み立てが
できると思います。

 

うどんと
オリーブオイルの
組み合わせで
難しいと思うのが

 

出汁との相性

 

お手元にある
オリーブオイルの
味の種類にもよりますが

 

味の強い
オリーブオイルなら
繊細な味のお出汁と
喧嘩してしまうと
思います

 

ですから
かけうどんとか
暖かいうどんには
あわないと思います。

 

関東の濃い味の
お汁とも難しいので
関西の方は
もっと、
味のバランスが
崩れてしまうと
思います。

 

うどんとオリーブオイルで
一番あわせやすいのは
きっと、釜玉うどんです。
カルボナーラと
味の組み立てがそっくり

 

カルボナーラというと
クリームをイメージ
されますが

 

南イタリアの
カルボナーラには
クリームを使用しません。

 

さて、
うどんとオリーブオイル
一番のオススメは
釜玉納豆うどんとオリーブオイル

 

納豆釜玉うどんに
エキストラバージン
オリーブオイルをかける

 

納豆は、ご飯に
使用するときのように
しっかり味を
付けてしまいます。

 

薬味を入れたり
ご家庭ごとに
色々レシピが
あると思います。

 

そのレシピ通りに
作って、卵を加えて
エキストラバージン
オリーブオイルを
加えてから

 

釜玉納豆うどんとオリーブオイル
茹で上げたうどんに
かけて混ぜます。

 

これ、ほんとうに
美味しい!
オススメです。

 

特にお年寄りには
納豆やオリーブオイル
少し不足しがちな
タンパク質など
体に必要な成分を
まとめて摂れます。

 

うどんは、軟らかくも
茹でられますしね。

 

このレシピなら
多少味にクセのある
オリーブオイルでも
なんとか味が
まとまると思います。

 

納豆に濃いめの
味を付けられますからね

 

でも、本当は
美味しいオリーブオイル

 

これでお試しいただきたいです。

 

オリーブオイルも味に
レパートリーがあります。

 

苦手と言われる方が多い
辛味苦味のある
オリーブオイルは
内陸部で獣肉などを
食べられる地方の
オリーブオイルです。

 

それに対して
新鮮な魚介類

 

白身魚のカルパッチョ

 

こういうものを
食べる地方の
オリーブオイルは

 

とってもマイルド

 

変な味がしないし
それでも
しっかり味がする

 

白身魚を塩とレモンと
オリーブオイルだけで
美味しくする

 

そういう味の
オリーブオイルです。

 

ただ、このような味の
エキストラバージン
オリーブオイルは

 

とってもデリケート
一般的な輸入方法では
味が変わってしまいます。

 

ご家庭の保管は
夏場でも常温で
大丈夫なのですけどね。

 

それくらい、過酷な
温度帯で輸入されている
オリーブオイル多いです。

 

私は、この
白身魚のカルパッチョが
とっても美味しくなる

 

エキストラバージン
オリーブオイルを
北イタリアから
飛行機で輸入しています。

 

どんなオリーブオイルが
一度ご覧頂けると嬉しいです。

 

一番下に商品への
リンク貼らせて
いただきました。

 

 

hinatanoリピート

#, #