イタリアのトマトを贅沢な伝統的手法で作ったロッソ・ディ・コロンナ

イタリアのトマトは何故美味しい?

イタリアの美味しいものと言えば、トマトを思い起こされる方もいらっしゃると思います。

実は、トマトは元々イタリアでは観賞用でした。

あまりにも空腹だった、昔の南イタリアの人が食べてみたら、美味しかったので、そこから食用になったと聞いています。

実際、イタリアには美味しいトマトが沢山あります。種類も豊富

生食用、加熱調理用と様々なのですが、圧倒的に美味しいなと思うのが、イタリアの調理用トマトです。

下の写真が、そのイタリア産加熱調理用トマトです。マリナコロンナ社の農園の収穫風景です。

日本でも、最近加熱用のトマトが出てきていますが、イタリアのものとは少し違うと思います。

日本で採れるものは、生鮮のまま調理できたり、種の部分にイタリア産には無い美味しさがあったり、良いことは沢山あるのですが、やはりイタリアのトマトには、特有の濃さ、甘さ、適度な酸味の絶妙なバランスから来る美味しさがあります。

夏のイタリアのパスタで一番美味しいと思うのが、そのトマトをザク切りにして、フライパンで強火にかけて、煮詰めたパスタ。イタリアに行く機会があったら、ぜひ味わっていただきたい一皿です。

そのイタリアの生のトマトの味に、限りなく近い、イタリアの美味しさを味わっていただけるのが、ご紹介しているトマトピューレ、ロッソ・ディ・コロンナ(Rosso di Colonna)です。

ほかのトマトピューレや缶詰との違い

イタリアのトマトの美味しさは、土壌や乾燥した気候、真冬でもサングラスが必要な日差し。これら全てトマトを美味しくしてくれます。

では、缶詰でも美味しいのでは?と思われるかも知れませんが、缶詰はトマトを湯剥きします。皮を先に剥いてしまうので、トマトの一番美味しい、実と皮の間にある旨みが無くなってしまいます。

また、トマトの質も違ってきます。

実は、イタリアで安価なトマト製品は、輸入トマトを使用していることがあります。

えっ?と思われますよね。さすがに、それは止めようと、せめて原材料の産地を明記しようと、私が居た頃、話題にもなっていました。

このロッソ・ディ・コロンナに使用されているトマトは、全て自社農園産です。

下の写真は、その収穫風景です。カゴに入れる前のコンバインの中に、人が何人かいますよね。彼らは目視で、美味しく無さそうなトマトを取り除く仕事をしています。

そして、このロッソ・デ・コロンナは、ピューレにする製法が、伝統的な方法で丁寧に作られています。

トマトピューレは、トマトを直接火にかけて煮詰めている生産車もあるのですが、このロッソ・デ・コロンナは、「湯煎」しています。

湯煎でトマトを煮詰めていくのは、大変手間暇かかるのですが、直接火が当たらない分だけ、トマトの旨みだけが、ギュッと詰まっていきます。

そして、煮詰めたあとの裏漉しが、ほかのトマトピューレとの違いがあります。粗漉し(あらごし)なんです。だからトマトの果肉感が残っています。

ですので、時折、下の写真のように果肉が、分離したものが届くときがあります。この水分は、煮詰めるときに飛ばしてしまえば良いのですが、あまりにも水分が多いものは、お送りしないようにしています。

お客様にがっかりしていただきたく無いですからね。

美味しくいただく調理法

このトマトピューレ、ロッソ・デ・コロンナは、トマトと塩だけで作られています。その材料を湯煎で丁寧に煮詰めて、粗漉して瓶詰めにしています。

入っているのは、イタリアのトマトの旨みだけ。

お召し上がり方は、どんなお料理に使っていただいても良いのですが、私がお勧めしたいのは、煮詰めただけのトマトソースで作るパスタです。

フライパンにオリーブオイルをひきます。オリーブオイルの量は、多く入れるとソースに重みが出てきます。

そして、できるだけ強火で、一気に煮詰めて下さい。

粗漉しのトマトなので、煮詰めている最中、トマトが飛び跳ねてしまうのですが、フライパンを半分蓋で塞ぐなどして、水分を出来るだけ短時間で飛ばしてみて下さい。

時間をかけて、コトコト煮込むと、果肉感が無くなってしまうんです。それでも、トマトの旨みは、美味しいのですので、飛び跳ねがご心配でしたら、火を弱めて下さい。

この時に、ニンニクを入れても美味しいですよ。ただ、その際には、最初ニンニクを焦げないように、ゆっくり火を入れて、キツネ色ちょっと手前でトマトピューレを加えて下さい。※作り方は食品ラベルにも書かせていただきました。

そして、ギュッと煮詰まったトマトソースと、茹で上げたパスタを絡めます。

仕上げにエキストラバージンオリーブオイルをかけたり、チーズを摺り下ろしたり、バジルやオレガノ加えてもいいですね。

イタリアで召し上がられた事がある方には、懐かしいイタリアのトマトソースパスタの出来上がりです。

ぜひ、お試し下さい。