オリーブオイルを使って冷製パスタを美味しく作る方法をご案内します。

オリーブオイルと冷製パスタ

オリーブオイルを使った簡単な料理「冷製パスタ」を美味しくするには

暑い夏に冷製パスタ。最高です(笑)
でも、作ってみたけど、いまひとつ味が足りない。なんだか味がぼやけている。
そんなご経験がある方に、ぜひご参考にしていただきたいお話しです。

 


 

味の決め手は、塩の種類と加減、そしてオリーブオイル

冷製パスタを作ってみたけど”なんだか薄味だった””後から塩を足してみたら塩っ辛くて美味しくなかった。”
こんなご経験はありませんか?

美味しいパスタの基本は、塩の種類、塩加減、ゆで加減、そしてオリーブオイルです。
これさえちゃんと出来ていれば、あとは何とかなるものです。

冷製パスタで”味が足り無いパスタ”になってしまう理由は、概ね、茹でる時の塩加減が薄いか、冷ますときに流水で塩を落としすぎたのが原因です。それに、後から足した塩は尖るものです。パスタの塩味は、茹でている鍋の中で加熱された塩が、デンプン質と混ざり美味しくなっているのです。

パスタを茹でる時は粗塩が最適

まずは塩
パスタを茹でる時には粗塩が美味しく出来ます。決して高価なもので無くても大丈夫です。通販で1kg500円くらいのもので、普通のお塩より十分美味しく出来ます。塩加減は、後から水で冷やして塩分が落ちてしまうことを計算して、かなり高めにします。私は通常+1%。概ね2%(1リットルに対して20g)の塩加減で茹でます。塩辛すぎるのが心配でしたら大丈夫。冷水にさらすときに洗ってしまえば良いのです。

次はゆで加減
これはお使いのパスタによってだいぶ差が出てきます。私はペンネなどショートパスタを使うときは、10分が標準茹で時間だったら、15分くらいまで茹でます。ここは経験です。いろいろ試してみてください。

決め手はエクストラバージンオリーブオイル
茹で上がって、冷水で冷やします。水道の流水で素麺や蕎麦うどんのように冷やすと、パスタ表面の美味しい塩分がそげ落ちてしまうので、ボールに氷水を用意しておくのが良いと思います。この時、塩加減が強すぎたら冷水で洗って調整します。

そして仕上げは、オリーブの実の生搾りジュース「鮮度の良いエクストラバージンオリーブオイル」

鮮度が良ければ、かければかけるほど美味しくなります。
少々言い過ぎのように聞こえるかも知れませんが、本当ですよ。
例えばhinatanoでお出ししているエクストラバージンオリーブオイルは、飲んでも油っぽくありません。ですからたっぷりかけても、油っぽく仕上がりません。

オリーブオイルは、オリーブの実のジュース

 


 

実はイタリアでは、ロングパスタは少数派

イタリアでは、ロングパスタは少数派で、レストランのメニューでは、概ね2割程度の比率でしかありません。7割はペンネなどのショートパスタ。残りの1割は手打ちパスタです。

冷製パスタに関しては、私が住んでいた頃は、ミシュランで星が付いているようなお店にしかありませんでした。食に関してはイタリア人は保守的です。

 


 

簡単で美味しい冷製パスタ。サラダのように仕立てて野菜も美味しく

先日ご紹介した要領で、先にサラダを作っておいて、後からパスタを加えれば美味しい冷製パスタのできあがりです。
鮮度の良いオリーブオイルをたっぷりかけてお召し上がりください。

この品は、私がイタリアでコックをしているときに賄いで作ったことがあります。猛烈に暑い厨房だったのでみんな食欲が無かったのですが、この品にレモンを軽く搾ったら完食してくれました。(笑)

 


 

「冷製パスタ」を美味しく作るコツのまとめ

1.使う塩は粗塩、塩加減はかなり濃いめにして、濃すぎたら冷水で冷やすときに洗って調整。

2.茹で時間は、かなり長め。私は標準茹で時間が10分なら15分茹でています。

3.鮮度の良いエクストラバージンオリーブオイルで仕上げる。予め野菜サラダを用意しておいて、パスタを加えればサラダ仕立て。

 

とっても美味しいですよ。ぜひお試しください。
hinatano加藤 昭広

#, #, #