おすすめしたいオリーブオイルとおすすめする理由

鮮度の良い良質なエキストラバージンオリーブオイルはサラサラ

おすすめしたいオリーブオイルとは

エキストラバージンオリーブオイル(以下オリーブオイル)は、健康に良くて美味しいものです。
でも、オリーブオイルは、種類が多くて値段の幅も広いし、最近では偽物が多いとも言われていて分かりにくい
そう思われている方へ、おすすめのオリーブオイルをご案内させていただきます。

ピンポイントで、何という名前のオリーブオイルです。
というわけでは無いのですが、探し方や考え方のひとつとしてみていただけると幸いです。

本物のオリーブオイルは、本当に美味しくて健康に良いです。

おすすめできるオリーブオイルの条件

オリーブオイルがオリーブオイル以外の食物油に比べて優れていることはたくさんありますが、そのうちのひとつにオリーブの収穫から搾油まで全ての工程で熱を加えないというものがあります。

これは低温圧搾法と言われ、最近ではオリーブオイル以外の食物油でも使われていますが、オリーブオイル以外では搾油効率が悪く非常に高価な食物油になっています。

低温圧搾は、熱が加わっていないので油っぽい味がしないしのと同時に、健康に良い成分がそのままで健康に悪い成分も発生しないというメリットがあります。

このことがオリーブオイルが健康に良くて美味しいと言われている理由です。

オリーブオイル

おすすめしたいオリーブオイルというのは、このオリーブオイル本来の味と成分が保たれているのが条件になります。

私のようなオリーブオイルのインポーターが、オリーブ農園で試飲するような、健康に良くて美味しいオリーブオイルです。

オリーブオイルの味見

おすすめの仕方が難しいオリーブオイル

オリーブオイルは食べ物ですから、美味しく楽しく召し上がっていただきたいです。

ただ、私が考えるおすすめしたいオリーブオイルというのは、熱や光から劣化していないオリーブオイルですので、ご説明すると理屈っぽくなります。例えばこのような記事になってしまいます。

オリーブオイルが熱によって劣化する 遊離脂肪酸編
オリーブオイルが熱によって劣化する ピロフェオフィチンa編
光がオリーブオイルを酸化、劣化させる理由

書いた私が申し上げるのもおかしいのですが、理屈っぽくて最後までお読みいただくのには根気が要りそうです。

おすすめするようなオリーブオイルに出会える場所

おすすめしたいオリーブオイルの条件として、劣化していないオリーブオイルということをご案内しました。
でも、肝心なのはどこで出会えるかと言うことですよね。

オリーブオイルのティスティング

オリーブオイルのインポーターとして色々な卸先の方と話をする機会がありますが、全ての方が、このオリーブオイルの品質や鮮度に興味を持っていただけているわけではありません。同時に全てのオリーブオイル輸入業者がオリーブオイルの鮮度に拘っているかと申しますと、残念ながら少数派です。

合法的に輸入されたオリーブオイルなら、それ以上は拘らない(あるいは拘れない)というのも分かるような気がします。

でも、私がおすすめしたい”オリーブオイル農園で飲むような、美味しくて健康に良いオリーブオイル”は、大事に管理しながら輸入や保管をしないと味が変わってしまいます。

さらに申し上げれば、規定通りに作られたオリーブオイルで鮮度さえ良ければ確実に美味しいです。多少辛味や苦味があってもちゃんと管理すれば、次第に美味しくなります。

北イタリアからのオリーブオイル

最近、品質や鮮度に拘ったオリーブオイルを扱っているお店や輸入業者が出てきています。
主に個人のお店ですが、インターネットやブログに書き込みされているのを見かけます。

こういう方が営んでいるお店でしたら本当におすすめできるようオリーブオイルに出会えると思います。
オリーブオイルと鮮度や品質、温度管理などのキーワードを絡めて検索すると情報が出てきます。

まとめ おすすめしたいオリーブオイルとおすすめの理由

おすすめしたいオリーブオイルとは、温度や光からの品質管理がしっかりしているオリーブオイルです。
規定通り作られたオリーブオイルなら、多少辛味や苦味があっても時間経過と共に美味しくなっていきます。

少し見方を変えれば、どれだけ受賞歴のある優秀なオリーブオイルでも、熱や光にさらされれば、全然美味しく無くなってしまいます。

比較対象があれば、オリーブオイルが劣化しているかどうか分かるのですが、ほとんどの場合、オリーブオイルの輸入業者はオリーブオイルの生産者と独占契約をもっているので、傷んだオリーブオイルか、あるいは元々そんな味だったか比べようが無いのも、オリーブオイルの品質管理に拘らない業者がいてしまう理由かも知れません。

#