良いオリーブオイルは、必ず美味しい理由をご案内します

鮮度の良い良質なエキストラバージンオリーブオイルはサラサラ

良いオリーブオイルと美味しいオリーブオイル同じ?

良薬は口に苦しと言われますが、エキストラバージンオリーブオイル(以下オリーブオイル)には、当てはまりません。

品質などの条件から、良いオリーブオイルは必ず美味しいオリーブオイルになってしまうからです。詳しくご案内します。

 


 

美味しいオリーブオイルが良いオリーブオイルである理由

美味しいオリーブオイルとは、生産地で食べるような鮮度の良いオリーブオイルのことです。
そのオリーブオイルは飲めるくらいにサラサラとしていて、油とは思えないくらい美味しいオリーブオイルです。

でも「健康に良いオリーブオイル」と勧められて買ってみたら、辛味苦味が強くて美味しいオリーブオイルとは言えないものだった。こんなご経験もお有りですか。

そうなると、美味しいオリーブオイル=健康に良いオリーブオイルにならないのでは、と思われるかも知れません。

オリーブオイルの辛味苦味はポリフェノール由来ですので、その味が強ければ高ポリフェノールのオリーブオイルということになりますから、確かに健康に良いです。

しかし実は、オリーブオイルのポリフェノールは時間経過と共に減少していきますので、少し召し上がるのを我慢して寝かせておけば、オリーブオイルの味は、苦み辛みが丸くなって食べやすく美味しいオリーブオイルになります。

 

関連記事:手に入れたオリーブオイルが苦い場合、どのように対処すれば良いかご紹介します。

 

マイルドで美味しいオリーブオイル

では、少し視点を変えて、良くないオリーブオイルとは何か?

それは、熱や光などオリーブオイルの保管環境の悪さから劣化してしまい、美味しさの減少と同時にオリーブオイルの健康に良い成分が失われたり、体に悪い成分が出てきてしまっている後戻りできない状態のオリーブオイルです。このようなオリーブオイルは、飲むと油っぽさを感じたりします。

このように、健康などに良いオリーブオイルと、美味しいオリーブオイルは、共に鮮度が良くて劣化していないのが条件です。ですから美味しいオリーブオイルと、良いオリーブオイルとは、同じものになってしまいます。

 


 

オリーブオイルの苦み辛みは購入後に調整可能

苦み辛みが強いオリーブオイルも、最初からほど良く苦み辛みを抑えた美味しいオリーブオイルにする事は可能です。

一般的に苦み辛みを強くするためには、まだオリーブの実が若い高ポリフェノールの状態で収穫して搾ります。
一方で同じオリーブの木のオリーブも、熟し気味まで待てば、比較的マイルドな味わいのオリーブオイルになります。

鮮度の良いエクストラバージンは、オリーブの実の生搾りジュース

では、なぜ、あえて苦み辛みが強いオリーブオイルにするかと申しますと二つの理由が考えられます。

1.高ポリフェノールのオリーブオイルとして商品価値を高めるため
2.辛味苦味が多少強い方が、肉料理にあいやすいから伝統的に作っている
※苦み辛みが強いオリーブオイルは肉食文化の産地で生産されることが多いです。

 


 

美味しいオリーブオイルも良いオリーブオイルも鮮度が決め手

良いオリーブオイルと美味しいオリーブオイルは、品質の条件が同じだとご案内しました。
その品質を分かりやすい単語に置き換えるとすれば鮮度です。

パンとオリーブオイル

オリーブオイルは、ほかの食物油と違い搾油までに温度が加わらないようにします。
その工程は、まさに果実の生搾りジュースと同じです。それらのことを考えるとオリーブオイルは生鮮食品として扱っても良いくらいだと思います。

オリーブオイルが劣化する条件と内容をご案内した記事です。ご参考になれば幸いです。

オリーブオイルが熱によって劣化する 遊離脂肪酸編
オリーブオイルが熱によって劣化する ピロフェオフィチンa編
光がオリーブオイルを酸化、劣化させる理由

 


 

まとめ 良いオリーブオイルが必ず美味しい理由

健康などに良いとされているオリーブオイル(エキストラバージンオリーブオイル)は、健康などに良い成分が劣化していないことが大前提です。そのように鮮度の良いオリーブオイルなら、飲んでも美味しいくらいなら、美味しいオリーブオイルと健康などに良いオリーブオイルは同じものになります。

かなり理屈っぽい言い回しになってしまいましたが、それくらい鮮度の良いエキストラバージンオリーブオイルに出会う機会は日本では少ないと思います。美味しいですよ

#, #