オリーブオイルの有名な生産者が見つけにくい事情

マイルドで美味しいオリーブオイル

有名なオリーブオイル生産者は大手ばかり

エキストラバージンオリーブオイル(以下オリーブオイル)で有名な作り手って聞いたことはありますか?
有名なオリーブオイルを探そうと思って検索しても、自薦の記事や本物の探し方の記事が多いです。

「この人のオリーブオイルなら、有名だからおいしくて安心」と言えるオリーブオイルが少ない事情をご案内します。

 


 

有名なオリーブオイル生産者が出ない理由

イタリアの有名なオリーブオイル生産者と言われているものは、ほぼ大手のオリーブオイルメーカーです。
トスカーナ州の有名なオリーブオイルも、大手のワインメーカーが生産しているものですし。

鮮度の良いエクストラバージンは、オリーブの実の生搾りジュース

なぜこれといった有名なオリーブオイルの作り手いないかと申しますと、オリーブオイル自体が地域の食文化ごとに味が違っていて、好みがはっきり分かれているために、イタリア全土で支持されるオリーブオイルが万人受けする大手のオリーブオイルになってしまうことが一番の理由です。

加えてオリーブオイル生産者の数が多すぎるのも一因です。

オリーブの実の生産だけしている人や、自社で搾油施設を持たずに共同搾油所を利用しているオリーブオイル生産者などなど含めると数千になると思います。小さな作り手です。でも、こういう人達の中に巧みのオリーブオイル職人がいます。

これらの人達は、地域では有名なオリーブオイル生産者になっている事が多いのですが、遠い日本から探すのは容易ではありません。

 


 

オリーブの所有権も細分化

オリーブの木は1本ずつ不動産のように登記されてます。所有者一族の資産として代々引き継がれます。
でも最近困ったことが起こっています。それは所有権の細分化

夏の有機栽培エキストラバージンオリーブオイルの畑草刈りの様子

例えば、最初100本持っていたとします。その人に子供が二人いれば50本ずつ相続します。更にその子供に数本ずつと細分化してしまっています。最近は1本ごと分かれてしまっています。

その1本地主の方が、木の近くに住んでいれば問題無いのですが、転居されてしまうと面倒なことになります。なぜなら、それらの木はオリーブ農園の中にあることが多くて、その農園主は他人名義のオリーブの木に一切手出しできないのです。

きれいなオリーブ農園の真ん中に雑草が絡まっている木が1本だけあって、そこから虫が。
そんなこともあるみたいです。

 


 

有名無名とたくさんいるオリーブオイル生産者との出会い方

有名なメーカーのオリーブオイルでも、本物でおいしければ良いかも知れませんが、イタリアの本当の美味しさは、小さな地方の町にポツンとあると思います。それがすこぶるおいしいし楽しい。

そういうオリーブオイルに出会うには、足を運ぶしか無さそうです(笑)食品博に行くよりも、狙ったオリーブオイル味の食文化を持っている小さな町を訪れて、探す方が私は好きです。私のオリーブオイルは、そのようにして出会った品です。

どこそこの町では有名なオリーブオイル。こういうのがお好きでしたらお任せください。

 


 

まとめ オリーブオイルの有名な生産者が見つけにくい事情

オリーブオイル自体地域の食文化にあう味になっているので、全国的に有名なオリーブオイル生産者は、万人受けするオリーブオイルを作っている大手のメーカーになってしまうことが多いです。

オリーブオイルに関わる職人さんの数が膨大なのも、有名と言われる人が出てこない一因のような気がします。隠れた名品をぜひ。イタリアにはまだまだ美味しいものがたくさんあります。

 

hinatano

#