賞味期限切れのパスタが食べられるかの目安をご案内します

賞味期限切れのパスタは食べられる?

戸棚で賞味期限切れのパスタを見つけた。
見た感じ食べられそうだけど、食べて大丈夫?と思ったときのご参考になれば嬉しいです。

私は仕事柄、賞味期限切れのパスタを食べることが多いです。

お恥ずかしい話ですが、売れ行き見込みを間違えて、売れ残ってしまったパスタなのですが(苦笑)、どこを見て、食べても大丈夫か判断しているかなど、ご紹介させていただきます。

賞味期限切れパスタで注意すること

売れ行きを予想するのは難しいんです。差し上げるわけにも行きませんので、自分で頂戴しています(苦笑)

私が確認する内容をご案内いたしますが、あくまでもご参考としてお読みいただけると嬉しいです。

食品が食べられなくなるのは、下の3つですよね。
・腐敗(腐ってしまう)
・カビ
・酸化

これらのうち、腐敗に関しては、乾燥パスタには腐敗に必要な水分が無いので、心配なさそうです。

食品の水分量と腐敗の関係については、財団法人 日本食品分析センターのホームページを参考にさせていただきました。PDF3ページ目の一番上に、乾麺は、「微生物は繁殖しない。 」とされています。

水分活性について
引用元 財団法人 日本食品分析センター

とは言えども、色々な条件によって変わってくるので、永遠に食べられるわけでは無いです。

乾燥パスタはカビることもある。

微生物が繁殖しないので、腐敗しないことになりますが、乾燥パスタはカビることがあります。

カビも微生物ですので、変に思われるかも知れませんが、カビる仕組みはこんな感じです。

パスタが、密閉された袋の中で高温にさらされると、パスタ内部に残っている水分が蒸発して、袋の内側に付きます。

その水蒸気は冷まされると水滴になり、パスタの表面に付着して、その付着した部分だけカビる。こういう流れで、乾麺のパスタもカビてしまいます。

パスタがカビるのは保管と輸送方法

パスタから水分が蒸発するほど、高温になることは有り得ないと思われるかも知れませんが、実は実例があるんです。

食品輸入に使われるコンテナ。その多くは空調が無い鉄の箱です。

その鉄の箱に入って、赤道付近を長時間移動すると、かなりの高温になる場合があります。

コンテナ内の温度に関しては、東京都福祉保健局 健康安全研究センターのレポートを参考としてご紹介させていただきます。

東京都健康安全研究センター広域監視部 輸入食品の運送状況等実態調査報告

そして、実際カビてしまったという話は、パスタの生産者から聞いたことがあります。

パスタの賞味期限、大事なのは保管方法

乾燥パスタは、「腐敗しないけど、カビてしまうことがある」とご紹介しました。

カビは目視で確認できるので、ぜひチェックされてください。

残るのは酸化ですが、これは未開封の場合は、私は無視しています。

酸化には酸素が必要ですので、「開封してなければ、一定以上(賞味期限内と同じ)の酸化が進んでいないはず」と考えているからです。

逆に、例え賞味期限内だとしても、開封したら早めに召し上がることをお勧めいたします。

最後に、食べられるとしても、どうしても茹で時間や歯応えの感触が変わる気がします。

これはきっと、パスタ内のグルテンが変化したからだと思うのですが、標準茹で時間通りだと硬すぎることが多いので、私は1分長めに茹でています。

長めにて出ているからか、良い感じのアルデンテに茹で上がらないのですが、ここは致し方ないと思っています。

まとめ 賞味期限切れのパスタは食べられるか?

賞味期限切れのパスタで、気をつけたいことはカビです。

カビに関しては、例え、賞味期限内でもご注意なさってください。
袋内側に水滴が付いていたら、パスタが高温になって、パスタ内部から水分が出てきた目印で、その水分でカビてしまうことがあります。

賞味期限切れのパスタは、例え食べても大丈夫な状態でも、茹で上がりに時間がかかったりして、美味しさが減ってしまいますので、なるべく期限内にお召し上がりください。