スパゲッティとフォークとスプーンの関係

イタリアの人が、スパゲッティにスプーンを使わない理由

スプーンを使いながらスパゲッティをフォークで巻くのは、一口サイズに巻くのが簡単だし、丁寧に食べているみたいで、個人的には良いなと思います。

でも、イタリアではスプーン使わないんですよね。

使わない理由は、食器それぞれには、役割が決まっているので、それに沿っているだけ。だと思います。

スプーンは、あくまでもスープ類をいただく道具。ですから、リゾットもフォークでいただきます。

スパゲッティにスプーンを使い出したのはアメリカの人

ここから先は、「確かそうだったと思う」という私の記憶から、書かせていただきます。すみません。

そもそも、スパゲッティを巻くのにスプーンを使い出したのは、アメリカの人です。

それも確か、第二次世界大戦で、イタリアに進駐してきたアメリカ兵だったと思います。

当時から、スパゲッティはアメリカにもありました。

また、缶詰のスパゲッティなるものも、アメリカでは一般的に売られていて、戦場でも食べられていたらしいです。

でも、缶詰のスパゲッティ、麺が短かったみたいなんです。食べるときも、フォークで引っかけて口に運ぶ感じ。

それで、スパゲッティの本場イタリアに来てみたら、麺が長い。

慣れ親しんだ、フォークの先に引っかけて食べようとしても、麺が長いので、難しい。
持ち上げたら頭の高さになってしまう。

イタリアの人の食べ方見ると、どうやらフォークでクルクル巻いている。
でも、真似てみたら、巨大なスパゲッティの塊になってしまう。

スパゲッティ数本をお皿の端で引っかけて、クルクル巻けば良いのですが、知らないと出来ませんよね。

それを見ていたレストランのウェイターさんが、巻き易いようにスプーンを渡したのが最初だと、聞いた記憶があります。

映画「ローマの休日」でのひとコマ

イタリアだけで無く、ヨーロッパ各地でも、スパゲッティ食べるときには、フォークでクルクル巻くのが一般的。

映画ローマの休日で、ヨーロッパの王女役のオードリー・ヘップバーンが、グレゴリー・ペック演じるアメリカ人記者が、スパゲッティ食べるのにスプーンを使おうとしているのを見て、「アメリカの人らしいわね」のような事を言っていた記憶があります。

スパゲッティは、メニューの少数派

よく知っている食べ物でも、本場に行けば知らなかったことがある。

そんな話のひとつが、このスパゲッティとスプーンの関係だと思います。

そのスパゲッティについてもう一つ。
イタリアのレストランに行くと、パスタのメニューのうち、スパゲッティの比率は約2割。

ロングパスタ(長いパスタ)と呼ばれるスパゲッティは、イタリアだと少数派なんです。

理由は分かりませんが、ペンネのようなショートパスタだと、同じ重量でも食べ応えがあるんですよね。