収穫の便り

2013.10_edited-3.jpg

 
日本は、秋が深まりつつありますが、
 
イタリアからも生産者の方から、収穫の便りが届き始めました。
 
写真は、以前収穫時に訪問したフラントイオビアンコの様子
 
この地方の特産タジャスカ種を栽培しています。
 
タジャスカ種は、熟すスピードが、ゆっくりで
 
実ごと、場所ごとバラバラに熟していきます。
 
予め、どのあたりの場所が収穫できそうか目星を付けて置いて
 
木をたたいたりして収穫します。
 
2013.10_edited-2.jpg
 
実の色がバラバラなのは、タジャスカ種の特徴。
 
熟しすぎると油っぽくなったり、カビて臭いがするので
 
しっかり木の状態を把握しておくのは、とても大事です。
 
 
フラントイオビアンコは、いつも社長と、そのお父さんが自ら山に登り、
 
何千本もある木の状態を、一本一本把握しているくらい
 
大事に管理してあるので安心できます。
 
 
2013.jpg
 
収穫したら、自社の工房ですぐに絞ります。
 
仕事ぶりは、実に丁寧。
 
大量生産とは、無縁の手作業で絞ります。
 
 
緑色の濁ったものが、絞りたてのオリーブオイル。
 
濁りの成分は、非常に傷みやすいので、デキャンティングして
 
丁寧にフィルターをかけて出荷します。
 
 
私の手元へ届くのは、恐らく11月下旬から12月。
 
楽しみです。
 
il Bianco 加藤
 
 
 
 
 
 
 
#