スペアリブのラグー(スペアリブの煮込み)

ragu della costina _edited-2

ABCトラベルサークルさんの「World Food Court」世界のグルメジャーナル

というコーナーに執筆を始めました。月2回程度の連載を予定しております。

イタリアの食や旅に関することを色々ご紹介して参ります。

初回は、ご挨拶ですが、次回は「ミラノのパニーノ」

これが、味も良いですけど、見ても楽しいのです。お楽しみに。

 

さて、先日の日曜日、古くからの友人たちが我が家に来たので

久しぶりに、スペアリブの煮込みを作りました。

この料理、使う材料がシンプルなのに、とても重厚な仕上がりに

なります。お肉が軟らかくて、煮込みに使うトマト・玉ねぎ・赤ワインとの

相性が抜群です。クリスマス用のレシピにもなりますよ。

ただ、時間だけはたっぷりかかります(笑)

 

(材料 5人前) ※煮込みは、いつもまとめて作っています。

豚のスペアリブ 10個

ニンニク  大一かけ

オリーブオイル おおさじ1

玉ねぎ 大1個

赤ワイン 150ccくらい

ホールトマト 400g缶をふたつ ※この日は、うち一缶を角切りにしました。

 

(つくりかた)

1. 厚手のフライパンか鍋に、つぶしたニンニクを入れ、オリーブオイルを

  注いでから、弱火で火をつけます。

 

2. ニンニクが色づいてきたら、火をやや強くして、お肉を入れて肉の表面を

  焼き固めます。鍋やフライパンがテフロン加工をしていない場合、焼き付きますが、

  あわてないで、そのまま放っておけば、そのうち動くようになります。

 

3. 脂身から油が出てきますが、これは最後に取り除いてあげるので、そのままにして

  粗みじんにした玉ねぎを加え炒めます。この時、火はやや弱めにしてください。

  また、玉ねぎの上に肉をよけてあげて、玉ねぎに熱が加わりやすいようにします。

 

4. 玉ねぎが、色づくまで弱火で炒めます。飴色にする必要はありませんが、10分

  以上は炒めたいですね。仕上がりの深い甘みが違います。

 

5. 玉ねぎが、色づいたら、強火にして赤ワインを加えます。アルコールを飛ばしてから

  火を弱め、更に赤ワインが煮詰まったところを見計らって、トマトを加えます。

 

6. 月桂樹の葉を4,5枚とナツメグを加えたら、ごく弱火で蓋をしてコトコト煮込みます。

  月桂樹は、20分くらい経ったところで取り除いてください

 

7. 煮込み時間の目安は、おおよそ3時間。途中浮いてきた油をスプーンでこまめに

  取り除いてください。あと、大事なのは煮詰めること。煮込み目安時間になっても

  水っぽかったら、蓋を取って煮詰めてください。

 

以上で出来上がり、鍋かフライパン一個でできるシンプルな一品ですが、

気配りだけはかけてください。特に油を丁寧に取り除いてあげることが大事です。

 

パスタを茹でて、フライパンに残ったソースで、からめていただいても美味ですよ。

 

次回もまた、クリスマス用のレシピをご紹介します。

何にしましょう。そろそろ本職のパスタ系にしましょうか。

 

il Bianco 加藤

#