体にいい油は加熱できる?

あのお医者
偽物だったかも知れません(笑)
外国暮らしは刺激的です。

 

こんにちは

 

イタリア中巡って
美味しいものに出会えている
ヒナタノ店主加藤です。

_23A9790
一番左が私です。
最近、「トリスおじさん」
こう呼ばれることあります。
ご存じの方は、同年代か先輩ですね。

 

さて、
体にいい油摂られてますか

 

せっかく買った体にいい油
加熱料理に使えるのか?
そんな疑問をお持ちですか?

 

たぶん、体にいい油って
熱から避けて保管するように
言われることがありますので

 

それが気になって
らっしゃるのだと思います。

 

温度管理が必要だから
冷蔵庫で保管しましょうと
よく言われますよね。

 

でも、テレビなどで
冷蔵庫保管と言われている
えごま油やアマニ油

 

常温で売られていますよね。

 

酸素や光、熱に弱いから
冷蔵庫保管
こうなるのでしょうが

 

酸素からの酸化と
熱での劣化
光からの酸化
これがゴッチャニなっています。

 

でも仕方ないと思います。

 

体にいい油の企画の
テレビ番組の監修は
栄養学の視点が多いです。

 

栄養学では良くても
食物油の生産現場は
別の話だと思います。

 

例えば、体によい油として
ピュアオリーブオイルを
推奨されているのを見たことあります。

 

理由は、酸度0%だから

 

でも
ピュアオリーブオイルは
化学的に精製された油

 

酸度を0%にするために
精製するのですが

 

体によい
ポリフェノールまで
取り除いちゃいます。

 

きっと、油のことは
油専門店に聞かれるのが
1番だと思いますよ。

 

私の専門はイタリア
そして、オリーブオイルです。
イタリアでは健康的な
食物油が主流です。

 

スーパーでは
オリーブオイル以外なら

 

グレープシードオイルか
ひまわり油くらいしか
売られていません。

 

彼らは、食に関して
とっても保守的です。
伝統的なものしか買いません。

 

熱に弱いと言われている
エキストラバージンオリーブオイル
実は、200℃近くまで耐えられます。

 

エキストラバージンオリーブオイルで揚げた
フライを名物料理にしているお店も
イタリアにはあります。

 

でも、
エキストラバージンオリーブオイルは
品質の差が大きいです。

 

飲んでも美味しくて、
フライにも出来て
健康に良い

 

そんなオリーブオイルとは
どんなものかを
一番最後にご案内してあります。

 

健康と美味しさは両立する
私は、そう思います。

 

オリーブオイルについて、とっても詳しいお医者さんが書いた記事です。
「結局、オリーブオイルが最強の油である理由」

 

鮮度の良いオリーブオイルについては、こちらをご参考になさってください
「飲んでも良いオリーブオイルと駄目なオリーブオイル」

#