パンでオリーブオイルを美味しくいただく簡単なレシピ

IMG_0078
こんにちは
ヒナタノ店主加藤です。

 

イタリアから食材を探して
お届けする仕事をしております。

 

写真は、
オリーブオイルの試食で
パンにつけて食べたら
美味しかった顔のようです。

 

右は、イタリアの友人。
彼、話すときに全身動くので
こんな感じの写真多いです。
ちゃんとしたの探しておきます。

 

さて、オリーブオイルを
摂るためにパンにつけて食べる。

 

でも、なにか
レシピを一工夫して
もっと美味しくならないか?
同じだと飽きちゃいますからね。

 

イタリアの食卓では
パンは脇役ですが、
前菜として食べる
オリーブオイルとパンのレシピがあります。

 

まず、最初に
パンを薄切りにします。
レシピには、フランスパンがあうと思います。

 

それを、カリカリに
オーブンで焼きます。
そこに生ニンニクを擦りつけます。

 

それに、
オリーブオイルをかける

 

これだけで十分美味しくなります。

 

このカリカリのパンと
オリーブオイルを応用したレシピには

 

パンにオリーブオイルを
かけずに具材を載せる方法もあります。

 

ボールにトマトのみじん切り
塩とバジルなどのハーブ類
それに
オリーブオイルを加えます。

 

そこから
トマトだけ拾って
カリカリに焼いたパンに載せる

 

これは、
ブルスケッタと呼ばれる
オリーブオイルとパンを
美味しくいただけるレシピです。

 

さらに応用としては
ボールのトマトに
モッツァレラチーズ、
アンチョビ、
このようなものを加えても美味しいです。

 

トマトをミニトマトに替えて
仕上げにバルサミコ
こういうのも美味です。

 

これらのレシピには
必ず、
エキストラバージンオリーブオイルをご使用下さい。

 

ピュアオリーブオイルでは
油っぽくなります。

 

それに、大事なのは
オリーブオイルの鮮度

 

オリーブオイルが美味しく無いと
どんなレシピも美味しくないです。

 

実は、日本には
イタリアと同じ水準の
品質と味のオリーブオイル少ないです。

 

理由は、日本とイタリアの
エキストラバージンオリーブオイルの基準が違うからなのですが

 

本物の
エキストラバージンオリーブオイルは
オリーブの実の果汁です。
飲んでも油っぽく無い

 

でも、日本の
多くのオリーブオイルは
輸送などの時に熱が加わり
油っぽくなっています。

 

油っぽくなっている
それだけで無く
健康に良いはずの
オリーブオイルの成分バランス

 

これも、変わってしまっています。

 

健康に良いことと美味しいことの両立

 

エキストラバージンオリーブオイルで、ぜひ!

 

鮮度が良くて、飲んでも美味しいオリーブオイルについては、こちらをご参考になさってください
「飲んでも良いオリーブオイルと駄目なオリーブオイル」

 

オリーブオイルについて、とっても詳しいお医者さんが書いた記事です。
「結局、オリーブオイルが最強の油である理由」

 

最近見つけた食物油と認知症に関しての記事です。
ぜひ、ご参考になさってください。

 

認知症とサラダ油の関係については、こちら
「毎日の「サラダ油」が認知症を進行させる!」

 

認知症にオリーブオイルの効能が期待できる記事は、下記の記事をご参照ください
認知症予防は「万能」オリーブオイルで

 

#