菜の花のシンプルパスタ

 

季節の野菜、菜の花のパスタです。

よく行く鎌倉の野菜直売所で、みずみずしい採れたての菜の花が手に入ったので、できるだけ簡単に仕上げました。
甘くて、ほのかに緑の香りがするパスタになりました。

使用する材料の量は、おおよその目安を記させていただきます。
イタリアでレストランの厨房にいる時、感覚で料理することを教えられました。

調理時間や、塩のグラム数など気にする私に「気温などから心地よい塩分などは、変わるもの。美味しいものを作ることだけを考えて仕事しなさい」と言われました。

色々試されて、ご自分の美味しい一皿を目指してみてください。

 

調理時間

00:10

 

材料(2人前)

  1. パスタ

    160g
    菜の花を楽しむ一品なので、スパゲッティーは、あまり主張しない1.6mmくらいのものがお勧めです。
    使用したフェリチェッティの「有機栽培セモリナ粉のスパゲッティ」は、1.7mmです。

  2. にんにく

    一かけ(角砂糖の一回り小さいくらい大きさです)
    国産です。にんにくにしっかり水分が残っている事が大切です。
    薄くスライスしておきます。にんにくを効かせたい場合は、潰してからスライスします。

  3. 菜の花

    10cmくらいのを5~6本、ちょっと多めにしました。
    菜の花は、半分に切っておきます。少し時間の経ってしまった菜の花の場合は、硬くなった切り口の所を切り落としておきます。

  4. エキストラバージンオリーブオイル

    調理の始めに大さじ2くらい、そして仕上げには、火を止めてからひと回しです。

 

つくりかた

  1. パスタを茹でます。

    パスタは、美味しい塩味を付けることが大事です。1%以上の塩で茹でてください。今回は、1,2%くらいだと思います。そして、塩はぜひ粗塩をお使いください。1kg500円程度のものでも十分美味しく出来ます。

  2. アーリオオーリオを作ります

    フライパンにオリーブオイルを入れて弱火で加熱します。じっくり、オリーブオイルでにんにくを温めます。

    2〜3分くらい経って、
    ・ニンニクがフニャフニャなら、火が弱すぎ
    ・濃いキツネ色なら、火が強すぎです。

    シュワシュワとニンニクから泡が出てきて、ゆっくり色づけます。キツネ色になりかけたところで、強火にして、パスタの茹で汁を、おたまで軽く一杯フライパンへ

    フライパンがジュワーッっと言ったら成功。ニンニクのうま味がオイルに出てきます。
    火を止めて、フライパンを揺すります。

    茹で汁+アーリオオーリオの美味しいパスタソースのできあがり

    この時、ニンニクが焦げているようでしたら、茹で汁を入れるタイミングが少し遅かったと言うことですので、次回は少し早めに入れて下さい。

  3. 茹でているパスタに菜の花を加えます。

    茹で上がり2分前に茎の方を、1分前に花の方を鍋に入れます。菜の花のゆで時間は、お好みでお決め下さい。

  4. 茹で上がったら、アーリオオーリオのフライパンへ

    私は、ツルツル、シコシコの歯ごたえが好きなので、フライパンの火は付けないで仕上げます。軽く混ぜ合わせて、仕上げのエクストラバージンを加えてできあがり。

このレシピに、アンチョビや玉ねぎを加えたりすると、グッとボリュームがある一皿にもなります。ぜひお試し下さい。

 

投稿日2015年2月17日 更新日2021年2月13日

#, #