オリーブオイルが美味しく摂れる簡単なお料理をご紹介します。

オリーブオイルを美味しく簡単に

健康のためにオリーブオイルを美味しく摂りたいけど、お料理法が今ひとつ思いつかない。
そんな方にお勧めしたいレシピをご紹介します。え、それだけ?と思えるものです。

簡単すぎて期待外れでしたら、ごめんなさい。

サラッとしていて美味しいオリーブオイル

 


 

オリーブオイルの簡単料理、ホウレン草の蒸し焼き

エキストラバージンオリーブオイル(エクストラバージンオリーブオイル)は熱に弱いという話を聞かれたことがありますか?
あれは誤った情報。以前ご紹介しました通りエキストラバージンオリーブオイルは190℃まで耐えられるので、揚げ物にも使えるほどです。

 

さて、一品目ホウレン草の蒸し焼きです。
準備するのは、
1.お鍋と蓋。少し厚手で熱が均等にゆっくり伝わるのが良いです。
2.ホウレン草
3.ニンニク
4.エキストラバージンオリーブオイル(エクストラバージンオリーブオイル)
5.塩

作り方
半分に切って芯を取ったニンニクを潰してお鍋に入れます。
そこにエキストラバージンオリーブオイルを大さじ2くらい加えて、弱火で火を付けて
ニンニクが色づいたあたりで、ホウレン草を束のまま茎の方から投入。
それから塩を軽くパラパラ、蓋して待つ。

蓋は少々重めの方が良いです。
そのまま3,4分くらいすると、ホウレン草の水蒸気が出てきます。
出てくる量が減ってきたあたりで蓋を取ってみてください。ホウレン草の水分で蒸し焼きになっているはずです。
味見して塩を整えて、お好みの硬さまで弱火で火を入れ続けてできあがりです。
イタリアの食堂で時折見かける付け合わせです。

そのままお皿に山盛りでは、あまりにもなので形を整えてみました。

そのままお皿に山盛りでは、あまりにもなので形を整えてみました。

 

 


 

イタリアのホウレン草のお浸しは、オリーブオイルをかけて

イタリアにもホウレン草のお浸しによく似た料理があります。
ひとつだけ大きく違うのは茹で時間。日本では1分くらいさっと火を通すだけですが、あちらの人にとっては、その状態は”生野菜”だそうです。彼らは、完全に形が崩れて、繊維質だけになるまで10分以上茹でます。完全な別物ですが、それにエキストラバージンオリーブオイルをかけて食します。

 


 

もっと簡単なオリーブオイルの料理。茹でるだけ

もっと簡単な品です。キャベツのボイル

用意するのは
1.お鍋
2.キャベツ
3.エキストラバージンオリーブオイル
4.塩
5.ポン酢か、バルサミコ

作り方
お湯を沸かします。沸騰したら1%くらいの塩分になるように塩を入れます。ちょうどパスタの塩加減と同じです。
キャベツを入れて、2~3分。春キャベツなら1分くらい茹でます。
ザルに揚げて水気を切ってから、エキストラバージンオリーブオイルとポン酢かバルサミコを加えて出来上がり

オリーブオイルは、オリーブの実のジュース

※このレシピの写真は、頑張っても美しく撮れなかったのでありません。すみません。。

強めの塩で茹でてエキストラバージンオリーブオイルをかけるだけ。というのはカリフラワーやブロッコリーでもできます。
いろいろ試してみてください。

ホウレン草のレシピも、このキャベツのレシピも一番大事なのは、鮮度の良いエクストラバージンオリーブオイル(エクストラバージンオリーブオイル)を使うことだと思います。鮮度が良くて本物なら、ジャブジャブかけても油っぽくなりません

 


 

オリーブオイルで簡単に作れるお料理(その1)のまとめ

イタリア料理は、素材、塩、鮮度の良いエキストラバージンオリーブオイル。この3点が基本だと思います。
胡椒はルネッサンス期にフィレンツェでは使われていましたが、ほかの地方では伝統的なレシピに登場しません。
毎日の事ですからシンプルが一番ですよね。

ご参考になるようでしたら嬉しいです。

hinatano 加藤 昭広

#, #