オリーブオイルを使ったイタリア風焼き茄子の作り方のご案内

オリーブオイルの料理はこんなに簡単なものもある

イタリア料理というと、どういうものを想像されますか?手が込んでいて美しい一皿。
はい、イタリアでも、レストランの料理はそうですが、普段は、すごく簡単なものを食べています。その一皿をご紹介します。

 


 

オリーブオイルと季節の野菜茄子で焼き茄子

手順は、茄子を1cmくらいの厚さに切って、弱火で焼く。これだけです。

ただし、焼くときにオリーブオイルを引いてはいけません。空焼きです。
ひたすら焦げないように焼いて水分を飛ばしてください。ゆっくりゆっくりです。

ナスのグリルをオリーブオイルで

これは15くらい火を入れた状態です。あと少し火を入れます。

 

しわしわになるまで水分を抜いたら、お皿に盛りつけて美味しいエクストラバージンオリーブオイルをたっぷりかけます。
思いっきりヒタヒタになるくらいです。すると、乾ききった茄子がオリーブオイルを吸ってくれてジューシーに。茄子のオリーブの実の生搾りジュースでお浸しです。これがイタリア風焼き茄子です。

大事なのは、鮮度の良いエクストラバージンオリーブオイルを使用すること。

日本の焼き茄子のように、丸ごと焼いて皮を焦がせてから剥く場合もあります。melanzane sott’olio(イタリア語で茄子のオリーブオイル漬けという意味)で検索してみてください。そのように作られた瓶詰めの画像がたくさん出ています。

そもそも野菜のオリーブオイル漬けは、イタリアでは伝統的な野菜の保存食。よく食べられています。

 


 

イタリアのスーパーの総菜コーナー

焼き茄子のオリーブオイル漬けとモッツァレラチーズのパニーノ

ご紹介したスライスしたタイプの茄子のオリーブオイル漬けは、イタリアの食料品店でよく売られています。

町中にある個人経営の食料品店では、野菜のオリーブオイル漬けが、チーズ類やパンなどと一緒に売られていますので、お願いすれば好きな具材のパニーノをその場で作ってくれます。これが美味しいのです。この茄子のオリーブオイル漬けとモッツァレラチーズのパニーノは、私の好物です。

パニーノは、イタリアのサンドイッチです。最近よく聞きすよね。でも日本ではパニーニと言われていますが、これはイタリア語の複数形ですので、イタリアで「パニーニをください」と言うと「何個欲しいの?」と聞かれるはずです(笑)

 


 

ほかにもたくさんある野菜のオリーブオイル漬け

ほかにもグリルしてオリーブオイル漬けにする野菜は、ズッキーニ、パプリカ、アスパラ、アーティーチョーク、ポルチーニ茸等々たくさんあります。この後も時々作り方ご紹介していきます。

 


 

オリーブオイルを使ったイタリア風焼き茄子のまとめ

1.茄子を1cmくらいの厚さに切って弱火で焦がさないようにゆっくり焼く

2.鮮度の良いエクストラバージンオリーブオイルをたっぷり注ぐ。

これだけです。

ぜひお試しください。
hinatano加藤 昭広

#, #, #