オーガニックのオリーブオイルについて、比較的安価な品がある事情や選び方のポイントをご案内します。

マイルドで美味しいオリーブオイル

オーガニックオリーブオイルの素朴な疑問

一般的に農産物をオーガニック生産にすると、収穫量の減少やオーガニックの認証費用などから価格は高価になります。
しかし、エキストラバージンオリーブオイル(以下オリーブオイル)の場合、オーガニックと非オーガニックの間に目に見える価格差を見つけることができません。

ただでさえ偽物が多いと言われているオリーブオイル。
オーガニックでも偽物を疑ってしまうかも知れませんが、オリーブオイル特有の事情が理由です。

 


 

オリーブオイル特有の理由からオーガニックでも値段に差が無い

オリーブオイルのオーガニック認証は、イタリアの場合しっかり執り行われております。
私の取引先も、認証費用が高いとか手続きが煩雑だとかよくぼやきます。

では、なぜオーガニック認証を得ていないオリーブオイルよりも安いくらいの品があるかですが、オリーブの実が少々虫食いしていても、収穫して搾油してしまうことがあるからです。

ブルーナ家のタジャスカオリーブの有機栽培農園
オーガニック栽培は、手間もかかります。例えば草刈り
山の傾斜面でも手作業で雑草を刈ります。

 

「標高が高い」や「周囲にオリーブの木が無い」など、害虫が発生しにくい条件を満たしたオーガニックオリーブ農園は稀ですが存在します。そういうところで採れたオリーブの実は虫食いが少ないのですが、普通に害虫(オリーブミバエ)がいる畑で、オーガニック栽培をやっている生産者もいます。

詳しくは、こちらのページにご案内しています。
小見出し三つ目あたりからが、オーガニック栽培に関してです。

 


 

適さない畑でオーガニックオリーブオイルを作る理由にも一理ありそうです。

 

そういう害虫がいる畑でオーガニックオリーブオイルを作る理由は、オーガニックは人気があるからという商業的な理由だけでは無くて、”多少味が悪くても、昔のまま自然のままの方を選択しましょう”という発想からみたいです。

EUの農薬使用基準は十分厳しいのですが、限度いっぱい農薬を使用している畑を見ると気持ちはわかります。

除草剤を多く使用しているオリーブオイル畑
有機栽培エキストラバージンオリーブオイルの畑
上の写真は農薬を使用しているオリーブ畑。下はhinatanoで扱っているブルーナ家のオーガニックオリーブ農園です。
季節は冬で畑が休んでいる時期です。違いは一目瞭然ですよね。

 


 

オーガニックのオリーブオイル。美味しいものの条件

 

とは言えども、オーガニックのオリーブオイルでも美味しいものが良いに決まっていますよね(笑)

ご案内しましたとおり、味の良し悪しは畑で決まります。そのようなオーガニック農園で作られた品の場合、輸入業者のホームページに情報が出ていると思います。それくらい条件の良いオーガニックのオリーブ農園は稀少だと思います。

あるいは、オリーブオイル専門店で探されるのが良いかも知れません。
専門店の方は、詳しく知っています。

でも、それ以上に大事なのは、輸入途中の温度や光からの管理状態。
エキストラバージンオリーブオイルは、オリーブの実の生搾りジュースです。
生鮮食品のようにイタリアから持ってくると、それは美味しいですよ。

 


 

オーガニックのオリーブオイルについてのまとめ

1.オーガニックオリーブオイルの価格が、非有機栽培のオリーブオイルと差が無いのは、多少虫食いしていても搾ってしまう場合があるからです。決して商業的な理由からだけでは無く、”多少虫食いがあっても無農薬の方が体に良い”という考え方をしている生産者もいます。

2.美味しいオーガニックのオリーブオイルは、オーガニック栽培に適した農園からだけ産すると思います。そのような畑は稀ですので、輸入者がホームページに載せていることもありますし、オリーブオイル専門店なら、そのような情報も持っています。

#, #