« | »

2016.08.04

オリーブオイルを冷蔵庫で保管しては駄目な理由をご説明します。

サラッとしていて美味しいオリーブオイル

オリーブオイルを冷蔵庫に保管、一見最良の手段に思えますよね?

ただいま夏真っ盛り!
これだけ暑いと、大事なエキストラバージンオリーブオイルの保管場所として冷蔵庫が良いと思いますよね?
私もエキストラバージンオリーブオイルは、農産物であり生鮮食品だと思っています。
でも冷蔵庫での保管は、あまりお勧めできないのです。
その理由をご説明します。

 


 

オリーブオイルを冷蔵庫に入れると凝固。これが問題

エキストラバージンオリーブオイルを冷蔵庫に入れると固まります。
オリーブオイルによって凝固する温度は違うのですが、概ね10℃前後で固まります。
固まる事自体も劣化の原因になるのですが、そこは後日詳しく。

濃厚なオリーブオイル

さて、冷蔵庫で固まったエクストラバージンオリーブオイルは、使用する時に溶かします。
この凝固と溶かすを何度も何度も繰り返すと、エキストラバージンオリーブオイルの中にある食物繊維が傷んでしまい、あるタイミングで食物繊維がポッキリ。食物繊維が折れたら一気に劣化してしまうのです。
ここが最大の問題です。

どれくらいの回数で食物繊維が折れるかは、残念ながら個体差があるらしく一概には言えません。
でも考えてみて下さい。冷蔵庫の5℃以下から30℃近い室温へ行ったり来たりするだけでも、オリーブオイルを痛めそうですよね。

 


 

長期で外出する場合、オリーブオイルを冷蔵庫の野菜室がおすすめ

食物繊維の話をしてくれたのは、凄腕オリーブオイルブレンダーのマローニさんという方です。
彼に長期で外出する場合の保存方法を聞いたことがあります。

オリーブオイルの職人

曰く、「問題は固めたり溶かしたりする回数なので、冷蔵庫へ入れちゃえば」でした。
ですので長期で外出する場合は冷蔵庫の野菜室がおすすめです。
厳密に言うと低温でオリーブオイルが劣化するのは、約2℃以下だそうです。

 


 

オリーブオイルの保管は冷蔵庫よりも流しの下

エキストラバージンオリーブオイルは、瓶詰めしてから少しずつ変化していきます。※あえて言うなら劣化
実は、鮮度の良い出来たてのエキストラバージンオリーブオイルだったら、35℃くらいの環境に置いても1ヶ月半くらいは、成分的にエキストラバージンオリーブオイルの基準内で収まります。

オリーブオイルは管理温度によって劣化する

ですので、夏場でもご家庭での保存は、流しの下などの水回りがおすすめです。
その事もあって、私は鮮度にオリーブオイルの鮮度に拘って空輸で輸入しております。

 


 

オリーブオイルを冷蔵庫で保管してはイケナイ理由のまとめ

1.オリーブオイルを固めたり溶かしたりを何度も繰り返すのが一番イケナイ。
エキストラバージンオリーブオイルは、概ね10℃くらいから固まる。ですから冷蔵庫に入れると固まります。使用する時に溶かすことになるのですが、固めたり溶かしたりを何度も繰り返すと、オリーブオイルの食物繊維が痛み、折れると一気に劣化します。

2.やはり、ちょくちょく水を流す水回りでの保管がおすすめ。
月並みですが、夏場の保管は水回りの近くがおすすめ。長期で留守にする場合は冷蔵庫の野菜室に入れる。ポイントは固めたり溶かしたりを何度も繰り返さないこと。

 

マローニおじさんも、かなりの拘り頑固職人でした。私の先生の一人です。

hinatano 加藤 昭広

Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

copyright © hinatano all right reserved.