« | »

2016.11.04

高級なオリーブオイルとは、どのようなものかご案内します

サラッとしていて美味しいオリーブオイル

高級なオリーブオイルは美味しいの?

 

エキストラバージンオリーブオイル(以下オリーブオイル)の価格幅は非常に広いです。
イタリア産で1リットル換算3,000円を切ってしまっているのは、イタリアのオリーブ農家が生活できない価格水準なので本物のエキストラバージンオリーブオイルか疑わしいのですが、それを除いても250mlで1,000円くらいから高級なものは3,000円超まで幅広いですよね。

さて、なぜ高級なのか、高級品は美味しくて本物のオリーブオイルなのか、このあたりをご案内します。

 


 

高級なオリーブオイルが高級な理由

 

量産品も高級な品もオリーブオイルの価格は様々な要素から決まります。
オリーブの実の重量あたりからオリーブオイルが搾れる量、産地地域の物価水準、受賞歴、栽培にかかる手間
これら全部ひっくるめて、高級な価格設定でも売れるオリーブオイルが、高級品と呼ばれるものです。
当たり前と言えば当たり前ですね、申し訳ありません。

でも、特に高級品になる影響が大きいのがオリーブオイルが搾れる量と受賞歴だと思います。

モリーゼ州のオリーブ農園
私の取引先で受賞歴が多い南イタリアモリーゼ州の農園です。
土が軟らかそうですよね。これ全部手作業で掘り起こしています。
こういう手間をかけていると高価になります。

 

イタリアの場合、高級オリーブオイルを作っているようなところとの価格交渉は、基本的に売り手主導です。
高級な価格設定でも完売するなら、そのオリーブオイルの価格は確実に上がります。結構強気なのです(苦笑)

量産品なら購入量で交渉も可能ですが、高級なオリーブオイルを作っているところはプライドもありまして手強いです。
ですから、高級なオリーブオイルは基本的には美味しいはずなのです。

それでも「高級なオリーブオイルなのに美味しくなかった!!」
こんなご経験がお有りでしたら、それはきっと管理の問題ですよ。

 


 

高級なオリーブオイルでも管理が悪ければ、味が台無し

”結構良いお値段だったのに期待したほどでも無かった”
高級品のオリーブオイルを買われても、こんなご経験をお持ちでしょうか

まず考えられるのが好みの問題
マイルドでフルーティなオリーブオイルがお好きな方が、肉料理用のものを買ってしまったら、いくら高級オリーブオイルでも美味しく感じないと思います。

どうやったら見極められるかは、よろしければ以前のブログ記事をご参照ください。
オリーブオイルの選び方、通販で買うときに味を知る方法についてご説明します。

オリーブオイルのティスティング

もうひとつ考えられるのが管理の問題。
イタリア現地で受賞歴が多くて高級品として扱われているオリーブオイルでも、輸送の途中で光や熱で劣化させてしまったら、味は別物。元高級品オリーブオイルになってしまいます。

 


 

高級なオリーブオイルは、品質を保証するものではありません

高級だから品質も大丈夫かと思われるかも知れませんが、オリーブオイルの場合はなんとも申し上げられません。
なぜなら、例え高級品でもオリーブオイル自体が傷みやすいのは一緒だからです。熱や光から傷むのは同じです。

加えて酸度(遊離脂肪酸)が低いことを謳っているオリーブオイルもあります。
確かに酸度を低くするのは大変なのですが、味にあまり影響が無いと思います。
なにより酸度が低い高級なオリーブオイルでも、温度管理していないコンテナで中東やインド洋を通ってきたら、コンテナの置き場所次第では60℃とかになってしまい、「元高級オリーブオイル」こうなってしまいます。

ブルーナの有機栽培オリーブオイル
航空便は運賃がめちゃめちゃ高いですけど、一番安心です

こういう事情を熟知して、ちゃんと輸入している輸入者か、輸入者を目利きしている専門店でお買い上げになられるのが、美味しい高級オリーブオイルに出会うコツです。

 


 

まとめ 高級なオリーブオイルとは

1.オリーブオイルの価格を決める要素は、
・オリーブの実の重量あたりからオリーブオイルが搾れる量、搾油率
・産地地域の物価水準、
・受賞歴、
・畑の形状など栽培にかかる手間

これらのうち、搾油率と受賞歴から高級なオリーブオイルと呼ばれる価格設定になることが多いです。ですから基本的に高級なオリーブオイルは美味しいはずです。

2.もし、高級オリーブオイルと言われるものを買っても美味しくなければ、そもそも味の好みが真逆の品だったか、劣化してしまっていたかも知れません。

高級なオリーブオイルでも、傷みやすさは普通のオリーブオイルと同じです。温度や光から守って、ちゃんと輸入している品をオリーブオイル専門店でお探しになられることをおすすめします。

copyright © hinatano all right reserved.