« | »

2017.05.01

美容と腸内環境を両方を良くする食べのものについて

濃厚なオリーブオイル

美容と腸内環境に一石二鳥な食べ物

腸内環境を良くして美容にも良い食べ物といえば、エキストラバージンオリーブオイルだと思います。

「なんだ、ひょっとして販売用の記事」なんて思わずに、少しだけエキストラバージンオリーブオイルが美容と腸内環境にどのような効能があるかをご案内させてください。エキストラバージンオリーブオイルには、美容と腸内環境にビックリするくらい良いことが詰まっている食べ物だということと、実は、全てのエキストラバージンオリーブオイルが美容と腸内環境に良いとは言えないことをご案内させていただきます。

美容と腸内環境は食べ物から整える理由

腸内環境を整えると肌などの美容のほか、免疫力向上など良いことがたくさんあると言われているのをご存じですか。
腸内環境を良くする食べ物としては、ヨーグルトなどは色々種類があります、それに腸内環境良くする菌を含んだサプリメントなども美容関連のサイトで売られていたりします。

サプリや特別な食べ物で美容や腸内環境を整えるのは良いかも知れませんが、個人的には続けるのが意外に難しいと思うのです。毎日同じものを摂り続けると飽きてくることがありませんか?ヨーグルトなどたまたま切らしていて「今日はいいか」と思って一日抜いたら、そのまま1週間、、、ありがちな話ですよね。ですからか、最近テレビのコマーシャルでも続けるように啓蒙しているコマーシャルを目にします。私もヨーグルトはなかなか続けられません。例えば「和食の後にヨーグルト」こうなると不自然なので中々続けられません。良くて2週間程度です(苦笑)

そこで、良い菌が育ちやすくする腸内環境を整えるということ、それに効果がありそうな食べ物を食生活の中心に据えてみるのが良いと思うのです。それも食べ物自体では無くて調味料からです。調味料で色々なお料理に使えそうなら、毎日の食べ物に取り入れられるし、美味しくて美容にも良くて一石二鳥ですよね。腸内環境のためと言いつつ何か特別な食べ物を追加で摂るよりも、はるかに続けやすいと思いませんか

無理なく食べ物から腸内環境を整えると言うのは、美容への効能とあわせてもうひとつ言われている腸内環境と健康への関係性でも大事になってきます。

飲める鮮度のオリーブオイル

「腸内フローラ」という言葉をお聞きになられたことはありますか?
先ほどご案内した免疫力の向上のほか、アレルギーなどの原因も腸内環境にあると言われています。美容のためと限定すると女性向けとなりそうなのですが、健康のためにとなると男女関わらず、お子様にもお年を召された方にも関係してきます。

お子さんやお年寄りにはサプリやヨーグルトに馴染めない方もいらっしゃると思います。そうなると腸内環境を意識した食べ物から摂る習慣や摂り方を身につけるのが大事だと思いませんか

マイルドで美味しいオリーブオイル

オリーブオイルが美容と腸内環境に良い食べ物の理由

エキストラバージンオリーブオイルは、美容や健康に大事な腸内環境を整えるには良い食べ物だと思います。
理由は、主成分のオレイン酸や含まれるポリフェノールによるものだと思うのですが、これが実に良いことがたくさん。

1.悪玉コレステロールをやっつけるので、善玉コレステロールと善玉菌が増えやすい環境を作れると言われてる

2.オレイン酸は胃での滞在時間が短いので胃酸の分泌などが少ない。結果的に胸焼けや胃酸過多、胃潰瘍、十二指腸潰瘍になりにくくなると言われている。

3.抗酸化作用のあるビタミンEのαトコフェロールが豊富に含まれているため、肌や血管などの老化予防に高い効果があると言われている

4.良質なオレイン酸は、便秘に効果があると言われているので便秘解消を期待できます。つまり腸の掃除をしてくれると言うことですね。

5.そのほかたくさん

詳しくは、こちらをご参照ください。

これは成分の概要をご案内した記事
・オリーブオイルの体に良い効能をご紹介します

この記事は、ポリフェノールに絞って詳しくご案内しました。
がんにも効いたオリーブオイルに含まれる様々なポリフェノールの効能

離乳食にエクストラバージンオリーブオイル

腸内環境や美容への効果効能が高いエキストラバージンオリーブオイルですが、もうひとつ大事な事は安心と安全。古代ローマ時代からイタリアではエキストラバージンオリーブオイルは母乳の補助食品として扱われていました。理由は必須脂肪酸のバランスが母乳によく似ているからです。

腸内環境や美容によいものを食べ物から摂る。それも長い間摂られてきた安心安全な食べ物から。これって大事ですし、良いことですよね。

私はイタリアの食を仕事にして20年ほどになりますが、同じく自身の腸内環境と向き合うようになって10余年になります。腸内環境から起因すると言われているアレルギーになってしまったのがきっかけです。ピザの修行にイタリアに行ったときの話です。

腸内環境と肌、美容とは少し違いますが

実は私自身、自分の腸内環境について真剣に向き合うことがありました。
2007年の話ですが、ピザの修行のために2回目のイタリア長期滞在に行ったときのことです。

数年かけて歩いて探した修業先のお店だったのですが、残念ながら途中で修行を断念することになってしまいました。理由は手荒れ。粉アレルギーでは無くて、掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)あるいは、汗疱(かんぽう)と言われる皮膚の疾患にかかってしまったからです。

これは手のひらと足の裏に水疱ができ、硬くなって割れるというのが症状です。あかぎれが手の平と足の裏全面に広がるような症状でした。無菌性なので人には感染しないのですが、人前でピザを焼くのには見栄えが悪いし、歩けないほど痛くなったので断念しました。

当時は難治性の疾患、つまり治らないと言われたのですが、帰国してから色々調べた結果、腸内環境に由来するアレルギーのようなものという考え方があるのをWebで見つけました。それ以来、腸内環境に関しては気にするようにしています。

今では普通の生活をしていますが、当時は普通の肌が欲しいと思ったものです。なにしろ買い物をしたときに、全面ひび割れている手でお釣りを受け取るのも気がひけました。

鮮度の良い良質なエキストラバージンオリーブオイルはサラサラ

腸内環境にも美容にも良い食べ物オリーブオイルの条件

腸内環境や美容だけでは無く、抗酸化作用もあり心疾患などにも効果が期待できそうな良いことだらけのエキストラバージンオリーブオイル。でも、腸や美容に良い食べ物であるには、ちょっとだけ条件があります。

それは、エキストラバージンオリーブオイル元のままの鮮度や品質がしっかり守られていること

すっかり一般的になったオリーブオイルですが、腸内環境や美容に効果や効能を期待できそうなのは、搾っただけで加熱されていないものです。酸度など一定の条件を満たしたものを一般的にエキストラバージンオリーブオイル(イタリア語ではエクストラバージンオリーブオイル)と呼ぶのですが、国産、輸入品含めて、ちゃんとこの基準を守れていそうなオリーブオイルが実は少ないのです。

熱が加わると言っても多少なら大丈夫では?と思われるかも知れませんが、そうでも無いのです。概ね40℃くらいから、色々状態がかわってきます。例えば熱が加わると遊離脂肪酸が増えてしまって、太りやすくて中性脂肪になりやすいオイルになってしまいます。

エキストラバージンオリーブオイルに熱が加わると、体に付きやすかったり中性脂肪になりやすい遊離脂肪酸が増えることを詳しくご案内した記事です。
オリーブオイルが熱によって劣化する 遊離脂肪酸編

そのほか、オリーブオイルは光に当たると未開封でも光合成を起こして酸化するので、エキストラバージンオリーブオイルには光を遮った「遮光ボトル」と呼ばれるものに入れる必要があるのですが、時折透明ボトルに入ったオリーブオイルを目にします。

エキストラバージンオリーブオイルが光で酸化したり劣化したりすることをご案内した記事です。

光がオリーブオイルを酸化、劣化させる理由

光や熱に関しては、オリーブオイルに詳しい専門店の方なら知っていると思います。腸内環境や美容や美容に良い食べ物、エキストラバージンオリーブオイルを探すときには、専門店で探されることをお勧めします。

鮮度の良いエクストラバージンは、オリーブの実の生搾りジュース

まとめ 美容にも良くて腸内環境も良くする食べ物

腸内環境は、美容だけで無くて健康にも影響すると言われています。
サプリやヨーグルトなど腸内環境を良くすると言われている食べ物で摂ることも大事ですが、日常的に使う調味料に腸内環境を整えたり良くするものを使えば、ご家族のみなさんも一緒に腸内環境のケアができます。そういう使い方にうってつけなのがエキストラバージンオリーブオイル

エキストラバージンオリーブオイルには、腸内環境を整えるほかに、高い抗酸化効果が期待できるビタミンEのαトコフェロールも含まれています。また抗酸化の効果から心疾患の予防が期待できると言われていますし、ポリフェノールもたっぷり含まれています。

良いことがたくさんのエキストラバージンオリーブオイルですけど、実は効果を保つには光や熱からの鮮度管理が大事です。エキストラバージンオリーブオイルをお求めの際には、専門店で探されることをお勧めいたします。

Comment & Trackback

Comments and Trackback are closed.

No comments.