« | »

2017.01.11

2016年秋産ブルーナ家のオーガニックオリーブオイルの入荷について

オリーブオイルのラベル

オーガニックオリーブオイルだけでは無い不作の2016年

エキストラバージンオリーブオイル(以下オリーブオイル)は農作物ですので天候に左右されます。
温暖化の影響と言われている天候サイクルの変化で2016年シーズンも大変な不作になっています。

オーガニックオリーブオイルの生産者でも2016年で廃業決意するところも

オリーブオイルは、オーガニック栽培含めて安定した天候のサイクルに沿って長年栽培されていました。
オリーブの実がつき出す初夏から8月いっぱい頃までイタリアは乾季です。ほとんど雨が降りません。

夏の有機栽培エキストラバージンオリーブオイルの畑

その間はオリーブの木もカラカラに乾燥します。
木も乾燥しますが、オリーブの実自体もギュッと小さくなっていますので皮が厚く害虫に食べられにくいです。

9月の半ば頃でしょうか、雨季になると水分がオリーブの実にも入り出すので実が熟し始めます。
同時に一気に冷え込みますので、害虫の生存下限温度15℃を下回れば害虫も減って、オリーブの実が良い感じで熟していき、10月後半から収穫と搾油を行いオリーブオイルになります。

虫食いが少ない有機栽培エキストラバージンオリーブオイルの畑の実

ブルーナのオーガニックオリーブオイルの畑は、標高が高いために秋の早い段階で15℃を下回ります。
オーガニックオリーブオイルをつくる畑としてはうってつけの環境です。

ただし、今年はまだ暖かい時期に雨が降ってしまったようです。
そのためオリーブの実が緩み、暖かいので害虫がオリーブの実をかなり食べてしまったようです。

似たような事例は2014年にもありました。
その時は、なんとか持ちこたえたオリーブオイル生産者の方も、今回は廃業を決めた方もいるようです。
直近3年のうち2年間も収入が無ければ無理も無いと思います。

音信不通でしたが、どうやら出荷できそうです。

ブルーナ家は、10月の終わり頃から収穫が始まり11月の上旬には新物オリーブオイルの出荷が始まります。

ただ、今年は11月が終わって12月になっても新物オリーブオイルの出荷がありませんでした。
オリーブオイル自体は搾れているのですが、一定の品質にならなかったようです。

搾りたてのオリーブオイル

そのままクリスマス休暇に入り、例年だったら仕事始めの頃に連絡を入れたのですが、音信不通。
何かあったかもと真剣に心配していました。

どうやら、ヒマだから、ということで長めのクリスマス休暇にしたみたいでした(苦笑)

それにイタリア人は、仕事のメールを自分のスマホに転送したりしないのを忘れていました。

まだ半分あるブルーナ家のオーガニックオリーブオイル2016年

今年はオーガニックオリーブオイルには厳しい環境と言ってましたが、来週検査して問題無ければ出荷するとのことです。

年明けに収穫と搾油?と思われるかも知れませんが、彼らが育てているタジャスカ種というオリーブは変わった品種で、1本の木でもオリーブの実はゆっくりとバラバラに熟していきます。

通常は10月下旬から2月頃までオリーブの収穫とオリーブオイルの搾油を行いますので、まだ今シーズンは半分残っている計算になります。ただし、半分しか残っていないので値段が上がることは間違いなさそうです。

まとめ ブルーナ家の2016年秋産オーガニックオリーブオイル

今シーズンは異常気象の影響で非常な不作になっていますが、タジャスカ種という収穫時期が長いオリーブの品種のおかげで、このあと何とか出荷できるようです。最初の1便目は、再来週の1月下旬あたりに届く予定です。

Comment & Trackback

Comments and Trackback are closed.

No comments.