« | »

2016.11.14

良いオリーブオイルは、どのような味がするか

鮮度の良い良質なエキストラバージンオリーブオイルはサラサラ

良いオリーブオイルの味の特徴は?

エキストラバージンオリーブオイル(以下オリーブオイル)は種類も産地も値段もたくさん。

そもそも、良いオリーブオイルとは、どのような味のするものなのか
そこは「良い」の意味合いによって変わるのですが、実はオリーブオイルの良さの目安になるのは、味以外のものです。

どういう味がするのが良いオリーブオイルなのか、簡単にご案内します。

 


 

良いオリーブオイルの味は、目的によって違う 

オリーブオイルのうち、エキストラバージンオリーブオイルと呼ばれるものには味があります。
その味のうち、辛味や苦味はポリフェノールです。オリーブオイルのポリフェノールはとても優れた効能を有しています。

この辛味や苦味の強さは、ポリフェノールの含有量に比例して強くなるので、ポリフェノールを沢山摂りたい方には、辛味苦味が強いオリーブオイルが良いオリーブオイルになります。

 

以前の記事です。:がんにも効いたオリーブオイルに含まれる様々なポリフェノールの効能

鮮度の良いエクストラバージンは、オリーブの実の生搾りジュース

しかし、あまり味が強すぎると、いくら良いオリーブオイルでも食べるのを避けてしまうと思います。パンにつけたら苦くて我慢しながら。では食卓が楽しく無くなってしまいますよね。

辛味苦味が比較的少ないマイルドなオリーブオイルでも、ポリフェノール類はもちろんのこと、優良な天然のオレイン酸が主成分で、稀少なビタミンEのαトコフェロールも入っていますので、十分健康に良いと思います。これらマイルドなタイプのオリーブオイルは、魚介類をよく食べる地域のオリーブオイルです。

 


 

無味無臭は良いオリーブオイルとは思えません

オリーブオイルの味は、ポリフェノールから由来する部分が多いとご案内しました。

オリーブオイルのうち、ピュアオリーブオイルと言われているものは無味無臭です。
これは、酸度(酸化具合とご理解いただいても良いと思います)が高いオリーブオイルを精製して酸度を下げる際に、ポリフェノール類も無くなってしまうことに由来します。

また、エキストラバージンオリーブオイルと言われているものでも、時折味がしないものがあります。この場合は、搾る前のオリーブの実が熟しすぎていて、結果としてオリーブオイルの容量に対してポリフェノールの含有率が少ないためです。

 


 

良いオリーブオイルの味 本当の良さは鮮度で感じる味です

良いオリーブオイルを探されている方は、きっと健康などに良くて安心できる品をお探しと思います。
でも、オリーブオイルにとって一番大事なのは保管状態などの鮮度です。

苦いオリーブオイルも使い方次第

光や熱などによって、言われている良い成分がオリーブオイルのから無くなってしまうこともあります。
味が良いと思っていても、実は同じオリーブオイルをイタリアで味わうと、もっともっと美味しかった。
これは、今でも良くある話です。

オリーブオイルのうち、エキストラバージンオリーブオイルはオリーブの実の生搾りジュース。
口にふくむと香りが広がり、多少の辛味苦味があっても爽やかで飲んでも全然油っぽく無いものです。
まだ体験されていない方は、きっと驚かれると思います。

 

オリーブオイルが劣化する条件と内容をご案内した記事です。ご参考になれば幸いです
オリーブオイルが熱によって劣化する内容をご説明します。遊離脂肪酸編
オリーブオイルが熱によって劣化する内容をご説明します。ピロフェオフィチンa編
光がオリーブオイルを酸化、劣化させる理由

 


 

まとめ 良いオリーブオイルは、どのような味がするか

1.オリーブオイルの味うち、辛味苦味はポリフェノール由来です。体に良いポリフェノールをたくさん摂りたい方には、辛味苦味が強いオリーブオイルが良いと思います。無味無臭のピュアオリーブオイルなどのオリーブオイルは、体に良い成分が抜けてしまっているために無味無臭です。

2.オリーブオイルの良さを知るための味は、鮮度です。鮮度を知るには、オリーブオイルを少し口に含んでみてください。油っぽさを感じないようなら、まぁまぁの鮮度。本当に鮮度の良いものは、さらに驚きがあると思います。きっと

Comment & Trackback

Comments and Trackback are closed.

No comments.

copyright © hinatano all right reserved.